諦める?ダイエット中に暴飲暴食をしてしまう人の原因と対策

ダイエットの基本としては、

摂取カロリー>消費カロリー

にならないと、体重や体脂肪は減少していかないので、そのためには、ある程度食事管理をしないければなりません。

もちろん、運動をして摂取カロリーよりも消費カロリーが多ければ、食べた分だけ運動すれば問題はないのですが、ダイエットで人気があるランニングを、60kgの人が10km走っても600kaclしか消費されません。

10kmも走って600kaclなので、その半分の5kmだと300kaclです。

300kaclは約おにぎり2個分でペイできてしまいます。

ダイエット中は運動をやらないよりは絶対にやった方がいいですが、それでも運動だけで、体重や体脂肪はおとしていくことは、効率的に見てもあまりいいとはいえません。

だからこそある程度、食事制限をするわけですが、ここでダイエット中の人がよくしてしまうのが”暴飲暴食”です。

僕も過去何度もダイエット中は暴飲暴食をしてきました。

ダメだとわかっているのにやってしまう。

あなたもこんな経験があるのでないでしょうか?

そこで今回は、ダイエット中に暴飲暴食してしまう人の原因と対策などについて書いていきます。

1回や2回くらいの暴飲暴食は誰にでもあることなので、暴飲暴食したからといって、気落ちしないようにしましょう。

ダイエット中に暴飲暴食してしまう原因

french-336230_640

暴飲暴食をしてしまう原因としては

ストレスなどの精神的な部分

が大きいです。

そもそもダイエットで暴飲暴食に走ってしまう人は、常日頃からダイエットで食事制限をしているので、それがストレスにつながって、暴飲暴食に走る人が多いです。

普段、ダイエットで我慢していたものが爆発するという感じです。

ダイエットを行なったことがある人なら、一度はこのような暴飲暴食を経験したという人も、多いのではないでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.