筋トレで目的別の効果的な負荷とセット数まとめ

筋トレを行う理由は人それぞれあるでしょう。

ただ純粋に筋力をつけたい人もいれば、スポーツのために筋トレを行なっている人もいます。

このように目的の違いによって、筋トレではセット数やレップ数などが変わってきます。

スポーツで筋持久力がほしいから、筋トレをする人と、ボディビルダーのような体になるために行う筋トレでは、目的が違うので当然やり方なども変わってきます。

また初心者の人は、どれくらいのセット数や負荷をかけて行えばいいのかわからない、という人も多いと思います。

そんな人はまず、何を目的で筋トレを行うのかを明確にすることが大事です。

そこから目的にあったセット数や、負荷を決めることになります。

今回はそんな目的別の負荷と、セット数をまとめてみたので参考にしてみてください。

筋トレをやる目的は?

board-784360_640

まず筋トレをしてどのようになりたいかなどの目的を決めることは大事なことです。

筋肉をつけることが目的なのか、ダイエットすることが目的なのか、スポーツなどの競技などのが目的なのか、これは人によって違います。

その目的によって、筋トレでも負荷やセット数が変わってくるので、まずは何を目的で筋トレを行うのかをしっかりと把握して、その中で効果的な負荷やセット数などを決めていくことが大事です。

僕の場合であれば、基本的に筋肉をつけることが目的なので、筋肥大を目的で筋トレを行なっています。

これがパワーリフティングの人などであれば筋肥大というよりは筋力アップを目的に筋トレをするので、負荷やセット数が変わってきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.