筋トレで熱中症にならないために大事な対策や予防とは

まだ本州では梅雨明けもしていないのに、気温が39度を超えた地域もあったみたいで、本当にここ近年は異常気象といってもいいくらい年々暑さが増していってるように感じます。

こんな暑い時に気をつけたいのが熱中症です。

特に高齢者の人は自分では大丈夫だと思っていても、いつの間にか熱中症になっていたなんてこともあります。

それに高齢者の人は若い人たちと違い、体温自体が低いので周りが暑くてもそこまで暑さが気にならない傾向があり、暑くてもエアコンも扇風機もつけない高齢者がいます。

しかし、実際にはそれで熱中症になって倒れている人がたくさんいます。高齢者の人ほど熱中症には注意してください。

そんな暑い時期には気をつけたい熱中症ですが、筋トレをしている人も熱中症には注意が必要です。

そこで今回は筋トレで熱中症にならないための予防と対策について書いていきます。

熱中症とは

water-809289_640

熱中症とは室温や外気温が高いところにいって、体内の水分やナトリウム(塩分)などが不足して、体温が調整できなくなって体温が上昇して、めまいや、吐き気、ダルさ、ヒドイ時は痙攣、そしてそのまま意識が無くなってしまうケースにもつながる怖い症状です。

特に熱中症は子どもや高齢者の人がなりやすいと言われていますが、外で運動している若い人や、普段から外仕事をしている人、あまり運動していなくて体力がない人なども熱中症にかかりやすいと言われています。

僕は中学〜高校と野球を行なってきたのですが、絶対に一人は熱中症にかかっていました。

今思えばあの炎天下の下で運動をしているのだから、いくら体力がある高校生でも熱中症になる子もいるのは当然だなと思います。

特に高校野球をやるグラウンドは恐らく他のところよりも5度くらい温度が高いので、40度を超えることも普通にあります。

そんなグラウンドの中で昔は根性をつけるためにと「水分補給」を中々させてもらえなかったということもあったので、今考えると本当に恐ろしいです。絶対に辞めてくださいね。あんなので根性とかつきませんから。

そんな怖い熱中症ですが、実はこの前のニュースで吹奏楽部の子が部活で筋トレをしてた際に何人かが熱中症になったというニュースがありました。

 
グラウンドで筋トレ 熱中症疑いで11人搬送 大阪市住吉区の中学校 – 産経WEST
グラウンドで筋トレ 熱中症疑いで11人搬送 大阪市住吉区の中学校 – 産経WEST

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.