筋トレに精神論や根性論などの思考は必要なのか?

僕は精神論や根性論というと、昔テレビや漫画でやっていた、巨人の星という野球漫画を思い出すのですが(全然世代ではありませんが、借りてきて見ていました)あれこそが精神論や根性論だと思います。

巨人の星を見たことがない人は、わからないかもしれませんが、機会があれば一度、漫画でもアニメでもいいので見てみてください。

そんな精神論や根性論ですが、主にスポーツの世界において使われることが多いです。

僕も中学や高校時代はよく

「根性が足りない」

なんて言葉を言われたものです。

知らん。

って当時は思っていましたが。

そこで、今回は筋トレに精神論や根性論などの思考は必要なのかどうかについて、少し書いていきます。

精神論と根性論とは

military-662862_640

精神論と根性論をそれぞれWikipediaで見てみると

精神論(せいしんろん)とは、人間の精神力が、物質的な劣勢を、跳ね返せるとの立場を指す。
根性論(こんじょうろん)とは、苦難に屈しない精神=根性があれば、どんな問題でも解決できる・またはどんな目標にも到達できるとする精神論の一つ。

と書いてあります。精神論の中の一つに根性論があるといった感じです。

もう少し具体的に話すと、精神論とは

「頑張ればできる」

「みんなでやればできる」

「お祈りすればできる」

などといったデータなどに基づいていない思考のこといいます。

根性論も同じようなもので

あと何回やれば必ずできる

死ぬ気でやれば成功する

途中で辞めたら意味がない

というような感じで使ったりするのが根性論です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.