筋トレの筋肥大に適しているといえば、

MAXで扱える重量ではなく70−80%くらいの重量で、

8〜10回を3セット以上やるのが適していると言われて来ました。

 

しかし、近頃はそれよりもずっと負荷が低い30%くらいで行なっても、

筋肥大に効果があるという研究結果もでています。

 

そこで今回は低負荷で筋トレを行い筋肥大を目指す場合の注意点について書いていきます。

低負荷の筋トレ方法

実際にこの低負荷の原理としては30%1RMの重量で28〜29回を1セット行い、

インターバルを30〜90秒にしてそれ以降は限界まで2セットを繰り返すというやり方です。

 

30%1RMって僕が行なってみたところ、

簡単に30回以上できてしまうので、あくまで目安にしてください。

 

それに自分の100%1RMを知っている人は少ないと思うので、

扱う重量のおおよその目安が一回目で30回を超えない程度で

オールアウトできる重量でおこなうということです。