背中の種目の懸垂ができない人のための方法

背中の種目ではチンニングこと懸垂が有名です。

 

しかし、懸垂は自分の体重が支えられないとできない種目なので、どうしても体重が重い人や初心者の場合だと一回もできないなんてこともあります。

 

僕も他の人よりは体重があるほうなので結構懸垂やるには大変でした。

 

そこで今回は懸垂ができない人の為の方法について書いていきます。

懸垂を行うにはまず逆手

A_U.S._Soldier,_with_the_4th_Brigade_Combat_Team,_101st_Airborne_Division_executes_a_pull-up_during_the_4th_Brigade's_Top_Squad_competition,_at_Fort_Campbell,_Ky.,_Feb._12,_2014_140212-A-DQ133-217

以前の記事でも書きましたが

背中の種目にはかかせないチンニングのやり方

 

基本的に懸垂は肩幅より広く握り順手で行う種目です。

しかしこの方法ではまずできないと思います。

そこでまずは逆手で行うことがオススメします。

 

逆手の場合だとどちらかというと上腕二頭筋に負荷がかかりやすいです。

そして普通の懸垂よりはやりやすいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.