腹筋に高負荷がかかるドラゴンフラッグのやり方と注意点

腹筋の種目の中でも高負荷の種目といえばドラゴンフラッグという種目です。

このドラゴンフラッグはあのボクシング映画の「ロッキー」の主人公であるシルベスター・スタローンが実際に映画の中で行なっていたものです。

このドラゴンフラッグなんですが、初心者の場合は最初はほぼできないと思います。

それくらい高負荷の種目です。

そこで今回はドラゴンフラッグのやり方と注意点について書いていきます。

ドラゴンフラッグとは

Dragon-Flag-B1

ドラゴンフラッグとは腹筋の種目の中でも、特に高負荷がかかる種目で腹筋全体を鍛えることができる種目の一つです。

その代わり初心者にはかなりキツイ種目なので、ある程度の腹筋力がなければ行うことができないくらい高負荷な種目です。

それだけ腹筋に効くということなのですが、初心者でできないからといって別に大丈夫です。

練習していけば徐々にできるようになると思うので、ドラゴンフラッグがでない場合はまずは、しっかり他の腹筋などで腹筋力をつけてから行うといいでしょう。

腹筋の種目であればなんでもいいと思います。

自分で追い込むことができる種目であれば。

僕は、よく腹筋ローラーなどを使うことが多いです。

腹筋ローラーは、1,000円くらいの値段の割にかなり腹筋を鍛えることができます。

背中や腕も同時に鍛えられるので、初心者にはおすすめの筋トレ器具です。

そこまで大きさもでかくないので、邪魔にもなりませんし。

コスパ最高の筋トレ器具だと僕は思っています。

では次にドラゴンフラッグのやり方と注意点です。

[sp] [ad#ad] [/sp]

ドラゴンフラッグのやり方と注意点

1.ベンチに仰向けになり耳の辺りの両手で掴む

2.肩甲骨をつけたまま足を上げる

3.そのままゆっりと足を下げていく

4,もとの位置にもどす

1〜4の繰り返し。では次に注意点です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.