よくボディビルダーの人などは増量期と減量期に分けて筋トレを行なっていることが多いです。

大体目安として夏くらいにボデイビルの大会が多いので、夏に向けて3〜4月あたり減量期にはいり、逆に増量期は大会はが終わる11月以降に取り入れます。

しかしこれは全員に当てはまることではなく、あくまでボデイビルダーの人におおいだけで、冬に減量する人もいれば夏に増量する人もいるでしょう。

でもここで気になるのが、肉体改造を始めるにあたり最初は増量をしたほうがいいのか、それとも減量をしたほうがいいのかではないでしょうか??

そこで今回は筋トレをする時は増量が先か減量が先について書いていきます。

減量が先か増量が先かは体型によって変わる

まずは自分の体型をみて、どちらを優先に行わなければいけないか判断しないといけません。

明らかに他の人よりガリガリなら増量しながら筋トレしないといけないし、太っているなら減量を先に行なったほうが結果が早い場合もあります。

なのでまずは自分の体型をみて判断していくのがいいと思います。

ただしここで気をつけてほしいのが、太っているからといって全く筋トレをしないで食事制限と、有酸素運動だけ行う人もいます。

それではあとあと大変になるのでもし、減量をするにしてもある程度筋トレは必要だということは、頭にいれておいたほうがいいと思います。

筋肉を増やすなら増量も大事

Lean-Abs-620x400

ある程度体も絞れてきていい体になってきてそこで満足して終わりならいいのですが、

やはりそこからそれ以上にいい体を目指したくなることもあるでしょう。

その場合はやはりある程度の増量は覚悟の上で筋トレをしなくてはなりません。