運動に筋トレを導入。スポーツをやる人にも効果がある2つの理由

野球。サッカー。バスケ。フットサル。水泳。ボルダリング。

など、運動といってもたくさんの種類の運動やスポーツがあります。

運動とスポーツの違いは難しい。

でもカラダを動かすということに関しては、同じです。

社会人にもなると、上記のような運動をやることも減ることが多いです。

実際にぼくも、高校までは野球をやっていましたが、今は全然。

でも本当はやりたいとは思っています。マジで。

そんな運動ですが、実は様々な運動やスポーツに、筋トレを取り入れることで、より効果でる場合があります。

楽しく運動や、スポーツをやっているだけならいいですが、

「パフォーマンスを上げたい」

「もっと動けるようになりたい」

「効率よく痩せたい」

こんな方は是非筋トレを導入することをおすすめします。

では今回は、そんな運動と筋トレについて紹介していきます。

難しく考えないで、簡単に導入しましょう。

運動と筋トレの違いってなに?

baseball

まず運動と筋トレの違い。

走ったり、スポーツをしたりする運動のことをWikipediaでは

健康のため、身体を鍛えるため、楽しみのため、などといった目的で身体を動かすこと。Wikipediaより

こう表しています。

簡単にいうと、カラダを動かすことが「運動」とういことです。

では筋トレはいうと

筋力トレーニング(きんりょくトレーニング)とは、骨格筋の出力・持久力の維持向上や筋肥大を目的とした運動の総称。目的の骨格筋に対して抵抗(resistance)をかけることによって行うものはレジスタンストレーニングとも呼ばれる。抵抗のかけ方には様々なものがあるが、重力や慣性を利用するものや、ゴムなどによる弾性を利用するもの、油圧や空気圧による抵抗を用いるものが一般的である。重力による抵抗を利用する場合は特にウエイトトレーニングとも呼ばれる。Wikipediaより

骨格筋の出力や、持久力の維持の向上や筋肥大、筋力アップなどを目的をした運動のことです。

要するに運動の中に筋トレがあるということ。

野球も運動だし、サッカーも運動。

マラソンも運動だし、歩くことも運動です。

そして、そんな数多い中の一つに、筋トレという運動があるというだけです。

筋トレは運動ではない。

なんていう人がいますが、筋トレも立派な運動の一つになります。

ちなみに、普段バーベルやダンベル、マシンなどを使って(自重も)行う筋肉トレーニングは、筋肉トレーニングともいいますが、本来はウェイトトレーニングといいます。

足を鍛えるために、どこかの神社の階段を使ってトレーニングにするのも、筋肉を鍛えているので筋トレになります。

バーベルやダンベル、自重、マシンなどを使うことだけが、筋トレではないってことです。

[sp] [ad#ad] [/sp]

運動・スポーツに筋トレを取り入れるとどんな効果があるか。

ball-

運動・スポーツに筋トレを取り入れる。

どんな効果があるのか。

運動といっても有酸素運動なども運動。

運動といっても広いので、今回は野球やサッカーなどのスポーツに絞って話します。

まず、スポーツにおいて筋力がないよりは、それなり筋力があった方が良いのは当然です。

特に、全身を使うようなスポーツに限っては、基礎的な体力や筋力がなければ、パワーを発揮することができません

スポーツでパフォーマンスを上げるには

  • 基礎筋力の向上
  • 専門的筋力の向上

この2つが大事になってきます。