ダンベルカールで上腕二頭筋刺激で太い腕!やり方と注意点

男性であれば腕は細いよりは太い方がいいと思っている人も少なく無いと思います。

それに筋トレを始めたきっかけが腕を太くしたいからという理由の人も多いのではないでしょうか?

確かに女性に触られた時などに

「腕太いね!」

と言われると嬉しいですよね。

そんな男が憧れる太い腕ですが、太い腕を作るには当然ある程度、腕の種目で腕を鍛えないといけません。

筋トレをしている人の中にはある程度、腹筋が割れたり、胸の筋肉がつけばいいくらいで筋トレを行なっている人もいると思いますが、やはりかっこいい体を目指すのであればバランスが大事です。

胸や背中などの大きな筋肉を鍛えていれば、ある程度は腕の筋肉も使うことになるのでそれなり太くはなっていきますが、それでもある程度までいくと個別で腕を鍛えた方がいいです。

そこで今回は上腕二頭筋を鍛える種目で欠かすことのできない、ダンベルカールのやり方と注意点について説明していきます。

ダンベルカールとは

b3f9fe79a35423353f127d67251e55c5_s

ダンベルカールとは主に上腕二頭筋を腕を鍛える種目です。

ちなみに上腕二頭筋とは肘を曲げた際にできる筋肉で鍛えればソフトボールにみたいに盛り上がる力こぶのことです。

関連⇨力こぶ(上腕二頭筋)の筋肉の仕組みとは

またボディビルの大会で行われるポージングではフロント・ダブルバイセップスというポージンがこの上腕二頭筋を象徴させるポージングになっています。

ボディビルに興味がない人はすみません。

恐らく上腕二頭筋を鍛えたことがある人は一度は行なったことがある種目の一つでしょう。それくらいメジャーな種目です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.