食事制限は無駄?食事とコレステロールの関係

体内のコレステロールがあがると動脈硬化などを招く危険性があると言われてきたので、今まで厚生労働省では18歳以上の人では男性で750mg、女性で600mgを上限にしていました。

 

しかしここ最近、日本動脈硬化学会が

「食事で体内のコレストロール値はは多くかわらない」

という発表したことで、厚生労働省もコレステロールの基準を撤廃しました。

 

これは今までもっと卵などを食べたいけど、コレステロール値があがるとからといって、食べれないでいた人にとっても朗報ではないでしょうか?

 

そこで今回は食事とコレステロールの関係について書いていきます。

コレステロールとは

eggs-570540_640

そもそもコレステロールとは

脂質の一種

で細胞膜を構成するのに非常に重量になる物質です。

その他にもホルモンの材料になったり、胆汁の材料になったりする物質です。

 

よく健康診断などで善玉コレステロール値とか悪玉コレステロール値とかあると思いますが、これらの総称を「コレステロール」といいます。

 

コレステロール=悪いといまだに思っている人もいますが、コレステロールも生きていくためには必須の物質です。

なので、コレステロール=悪いというわけではありません。

 

ではなぜコレステロールが悪いと言われているのかというと、それは悪玉コレステロールが増えることで動脈硬化が起こる可能性が高くなるからです。

 

コレステロールは基本的に善玉コレステロールと悪玉コレステロールに分かれています。

悪玉コレステロールも完全に悪というわけではありません。

 

少し仕組みを説明すると、コレステロールというのは7割が肝臓がから作られています。

そしてそこでできたコレステロールを体内の必要なところに、血液を通じて運ぶのが悪玉コレステロールです。

 

そしてそれとは逆に体に余ってしまったコレステロールを、運び出してくれるのが善玉コレステロールの働きになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.