アイソメトリックトレーニングとは

今回は筋トレにも使われているアイソメトリックトレーニングについて書いていこうとおもいます。 

もし今まで筋トレをしてない初心者などにはおすすめのトレーニング方法です。

なんせどこでも気軽にできる筋トレ方法の1つなので。

 

アイソメトリックとは

 

 

photos.demandstudios.com-getty-article-81-239-87807271_XS

 

アイソメトリックとは静的な運動のことで等尺性収縮といいます。

もう少し簡単にいうと「筋肉の長さは等しいという状態」のことを指します。

 

トレーニングでいうアイソメトリックは動作は起こさないけど

筋肉はちからを出している状態を作り出すことをいいます。

逆に普段筋トレでダンベルやバーベルなどでやっているのが動的な運動になります。

アイソメトリックのメリットとデメリット

アイソメトリックのメリットとして1つ目にあげられるのが場所を選ばずにどこでもできることです。

せっかく筋トレを始めようと思っても、場所がないから諦めてしまった人やいつでもどこでも軽く筋トレがしたい人などにはオススメです。

 

2つ目としては関節への負担が少ないことや怪我、筋肉痛になりにくい、疲労感が少ないなど高齢者や年齢に関係なくできることです。

 

僕は筋トレで筋肉痛になることはウェルカムなのですが筋肉痛や疲労感があり筋トレをやめてしまう人が多いのも事実です。また関節への負担や怪我の恐れがあまりないこともメリットの1つです。

 

3つ目はお金がかからないことです。

アイソメトリックはすぐその場でできて自分の身体や壁などを使って行うことが多いので道具はほとんど使わないのでお金も使わなくて済みます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.