力こぶ(上腕二頭筋)の筋肉の仕組みとは

一概に力こぶを鍛えるといっても、しっかり力こぶ(上腕二頭筋)の筋肉の構造をしって行うのと、全く知らないで行うのとでは筋肉の発達が変わってきます。

筋トレもただなんの知識を持たないまま行なっていては、すごい遠回りになってしまうので、ある程度の筋肉の構造などは知識として覚えておくと効果が出るのが早いです。

では今回はその中でもみんなが憧れる力こぶの筋肉の仕組みについて書いていきます。

力こぶ(上腕二頭筋)の仕組み

bicepanatomyfinal1

(1が長頭で2が短頭)

力こぶは上腕二頭筋と言われる筋肉です。

簡単に言えば肘を閉じた時にもっこりする筋肉が上腕二頭筋です。

本当にすごい力こぶをもっている人は、中にソフトボールでも入っているのではないかと思うくらいすごい力こぶをもった人もいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.