筋トレのグリップの握り方

筋トレにおいてにグリップ握り方によっては筋トレの効果が変わってきます。

主にサムアランドグリップ、サムレスグリップ、オルタネイトグリップの3つの握り方を覚えれば筋トレでは大丈夫です。

では紹介していきます

サムアランドグリップ

o0640048012332762984-300x225

基本的に筋トレの握り方は親指をバーなどに巻きつけるか外すかのどちらかです。

サムアランドグリップ親指でしっかりロックする握り方です。

 

たぶんほとんどの人はダンベルやバーベルを握るときはこの握り方だと思います。

この握り方は1番安定しやすい握り方なので初心者のやまだフォームなどが安定しない人などはこの握り方をまずはマスターしましょう。

サムとは親指のことでアラウンドというのは回すという意味なので親指を回す=サムアラウンドグリップとおぼえておけばいいでしょう。

サムレスグリップ

o0640048012332763184

サムレスグリップはサム(親指)レス(なし)なので親指を巻きつけない握り方です。

この握り方は4本の指で握らないといけないのでかなり不安定になってしまう握り方です。

 

なので慣れない内にやっていくとバーベルやダンベルを落下してしまう恐れがあるので気をつけなければいけません。

サムレスグリップはチンニングやラットマシンなどの背中の種目やプレスダウンを行うときに効果的です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.