トレーニングで重要な原則及び法則(前編)

トレーニングをする上重要な原則があるのはしっていたでしょうか??

ただなんにも意識しないでやるのとやらないのでは効果が違ってきます。

そこで今回はトレーニングで重要なことについて前編の4つの法則をピックアップしてみました。

これを知って実践するとしないとでは大きな違いがでてくると思うので是非参考にしてください。

過負荷の法則

1つ目は過負荷の法則というものです。

筋トレをおこなっている人はパッと思いついたかもしれませんが、

これは同じ重量でずっと行なっていてはいけないというものです。

身体というのは重量になどに対して慣れるようになってきます。

そこで新たに負荷をかけてやらないと身体は大きくなりませんし筋肉も成長しません。

なのである程度その重量に対応してきたなと思ったら、

負荷をかけて筋肉にいかに慣れさせないようにすることが大事です。

漸進性の法則

先程の過負荷の法則では負荷をかけて身体が慣れるのを防ぐことが目的ですが、

負荷をいきなり大きくしてはいけないというのが漸進性の法則です

いくら負荷をかけるからといっていきなり10㌔も20㌔も、

負荷をあげて行なってもうまく筋肉に刺激が与えることができません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.