21レップ法を取り入れて極限にまで筋肉を追い込む

知っている人は知っていると思いますが、

この21レップ法はロニー・コールマンという、

ボディビルダーが好んで行なっていたというやり方です。

基本手にカール系の種目でおこなうことが多く、

この21レップ法を取り入れることでパンパンに腕がパンプUPします。

今回はこの21レップ法について説明していきます。

21レップ法とは

21レップ法とはその名の通り

「1セットを合計21回続けて行う」

というやり方です。

まず

「可動域の下半分で7レップ、上半分で7レップ、最後に全可動域で7レップ」

といった感じで動作範囲を3つに分けて行います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.