筋トレに限らず運動のは基本はコンセントリックとエキセントリックがセットになっています。

歩くことに対してもコンセントリック運動とエキセントリック運動の反復で成り立っています。

今回はコンセントリックとエキセントリックについて書いていきます。

 

 

コンセントリックとエキセントリックとは

コンセントリックとは短縮性収縮のことで筋肉がちからを出しながら短くなることです。 

筋トレで例えると「ダンベルやバーベルを上げたり引いたりする動作」のことを指します。

エキセントリックはコンセントリックの反対で

伸縮性収縮のことで筋肉が力を出しながら引き伸ばされることです。

「ダンベルやバーベルを下ろしたり戻したりする動作」のこと指します。

この2つのコンセントリックとエキセントリックの動作は筋トレにおいて重要な動作なのです。

コンセントリック動作とエキセントリック動作の注意点

筋トレではコンセントリックの時は早くエキセントリックの時はゆっくりと行うことが基本です。

筋トレの効果はどのくらい筋繊維を使うかによって変わってきます。

 

筋繊維をたくさん使えばその分速度は上がります。

逆に少ない筋繊維に負荷が集中すると速度が遅くなります。

 

動作に速度がでているということは筋肉をフルに使っている状態なのです。

なのでコンセントリックの時はできるだけ早い速度で行なった方がいいのです。