筋トレでパフォーマンスが落ちている

最近疲れが取れない。

風邪を引きやすくなった

なんてことありませんか?

もしかすると、それは体が悲鳴をあげているせいかもしれません。

そんな方におすすめのが疲労回復効果が期待できるグルタミンという成分です。

当記事ではそんな疲労回復効果があるグルタミンサプリを有名メーカ-7社を比較して紹介しております。

初めてグルタミンサプリを摂取するという方の参考になれば幸いです.

先にグルタミンランキングを見る

  

グルタミンサプリで期待できる主な効果は4つ

グルタミンは、体内で作られる「アミノ酸」で非必須アミノ酸の1つ。

非必須アミノ酸は体内で合成できるので、普段は外から摂取する必要がないんですが、筋トレなどで身体的負荷がかかるとエネルギーとして消費され、体内での必要量が大幅にアップします。

また、筋トレ以外でも

  • 常日頃から仕事で忙しい
  • 家事や子育てで疲れている
  • なにかスポーツを行っている

という方にもグルタミンの必要量は増えてきます。

そんなグルタミンですが、期待できる効果としては

  • 筋肉分解の防止
  • 筋肉の回復促進
  • 免疫力の向上
  • 胃腸の調整

などがあります。

主なグルタミンの効果はこちらの記事で解説しているので詳しくはこちらの記事も参考にしてみてください。

ただ、このグルタミンサプリ、種類が豊富なうえに、価格や形状などそれぞれ特徴があり、選ぶのが難しいです。

次からはどの部分をポイントをして選ばいいのかを紹介してきますね。

グルタミンサプリを選ぶ際のポイント

グルタミンサプリの効果は、どれもほとんど一緒です。

なので、グルタミン効果の違いは選び方のポイントにはいれていません。

代わりに

  • コスパ
  • フレーバーの種類
  • パウダーかタブレットか
  • プラスαの成分(乳酸菌など)

この4つのポイントを抑えてもらえれば恐らく失敗するということはないはずですので、

参考にしてみてください。

コスパが最も重要

グルタミンサプリは、他のサプリメントと比べると、味や品質に差がないです。

特に大手メーカーとなると味にそこまでの差はありません。

なので、第一に選ぶ基準として考えることは、コストパフォーマンスから考えるのがおすすめです。

というかコスパ重視で買えば問題はありませんw

グルタミンはトレーニング内容で摂取量が変化するため、日によって量が違う事があります。

プロテインのように一日何グラムなどの基準で決めるのは難しいので、単純に1gコストの計算になっています。

ちなみにコスパでいえば、まだまだ海外製品の方が圧倒的に安い印象です。

海外製品を買う時は、物によっては英語だけの表記になっていたりして不安になると思いますが、安心してください。

今回はメーカーの信頼度も含めてコスパの良い商品を集めていますので。

フレーバーの数

グルタミンサプリでは少し飲みやすいように味付けをしているメーカーもあります。

基本的に無味無臭のサプリなので飲んでいてマズイとかはありませんが、やはり少しフレーバーがついていたほうが飲みやすいです。

いろいろな味のフレーバーの種類が用意されているメーカーもあるのでフレーバーの数も確認するのもおすすめです。

パウダーかタブレットか?

パウダーとタブレットどちらがいいか?

これも1つのポイントです。

どちらがいいか悩んでしまう人は、まずはその違いから選んでみてください。

パウダーの特徴

タブレットのように増粘剤と呼ばれる凝固剤で固める必要性がないので、余分な成分が含まれていません。

その分コストパフォーマンスもいいです。

ただ、粉っぽいのでむせてしまう可能はあります。

タブレットの特徴

タブレットは、持ち運びに便利なのがポイント。

さっと取り出せますし、パウダーのように溶かしたりしないでいいので、飲みやすいのが特徴です。

どちらか自分の好みにあった方を選んでみてください。

ただ、今回はわかりやすいようにパウダーで比較しています。

その他プラスαな成分が含まれているか?

皆さんの腸内環境はどうでしょうか?

実際に自分の腸を覗いて確認することは難しいですが、腸内環境は何かと体の健康への影響が強い場所。

例えば、腸内環境を整っていると、普段の食事から栄養の吸収率が上がりますし、腸内環境が整っている人は太りにくいという研究結果もあります。

そしてそんな腸内環境を整えるために大切なのが「乳酸菌」で、整った小腸の栄養となるのが「グルタミン」なのです。

乳酸菌とグルタミンの相乗効果で腸の働きをサポートしてくれるので、グルタミンサプリを選ぶときは、腸内環境を整えてくれる「乳酸菌」入りで選ぶのもありです。

特に「乳酸菌EC-12」がおすすめ。

乳酸菌EC-12の効果に「善玉菌増加と腐敗生産物減少が減少し、普段便秘気味な方も便の回数や質が改善する効果」があります。

それにより、腸内環境の改善してくれる効果が期待できるのです。

また、乳酸菌以外にも、プラスαの成分が含まれているグルタミンサプリもあります。

その中でも、亜鉛やビタミンB6、マグネシウムなどを含んだサプリが多いです。

これらの成分により

  • 免疫力向上
  • タンパク質合成アップ
  • 睡眠の質アップ

などの効果も期待できます。

グルタミン効果プラス、これらの効果でコンディショニングにも気を使っていきたい!という方におすすめです。

グルタミンサプリを10社を比較

では、次に筋トレにおすすめのグルタミンサプリ10選を比較していきます。

今回比較するのはグルタミンサプリは

  • MRM:L-Glutamine 1000
  • マイプロテイン:Lグルタミン
  • オプチマム :グルタミンパウダー
  • NOW Food:L-グルタミン
  • バルクスポーツ:グルタミン
  • パワープロダクション:グルタミンパウダ
  • Kentai:グルタミンZMAプラス
  • ゴールドジム:グルタミンパウダー
  • DNS:グルタミン
  • ビーレジェンド:グルタミン

この10個です。

まずはグルタミンサプリの特徴を海外産と国産に分けて表にまとめてみました。

海外産のグルタミンサプリ比較表

 メーカーMRMマイプロテインオプチマムNOW Food
 
原産国米国イギリス米国米国
形状パウダーパウダーパウダーパウダー
内容量1kg250g、500g、1kg300g、600g、1,000g1kg
価格3,350円3,230円5,197円4,480円
1gあたりのコスパ3.6円3,2円5,2円4,9円 
フレーバーの数1種類9種類1種類1種類
その他の成分なしなしなしなし

国内産のグルタミンサプリ比較表

 メーカーバルクスポーツパワープロダクションKntaiゴールドジムDNSビーレジェンド
 
原産国 国産 国産 国産国産ブラジル不明
形状パウダーパウダーパウダーパウダーパウダーパウダー
内容量200g、500g、1kg200g210g300g、500g300g500g、1kg
価格6,001円2,630 円3,369円6,260円3,564円6,980円
1gあたりのコスパ6.1円13円16円13円11円7円
フレーバーの数1種類1種類1種類1種類1種類1種類
その他の成分なし乳酸菌ZMA なしなし乳酸菌

※価格はAmazonを参考にしているので価格の変動はあります。また価格は最も多いサイズでの金額です、

これらの商品を先ほどご紹介した選び方を考慮にいれて、ランキング形式ご紹介していきたいと思います。

グルタミンサプリおすすめランキングトップ10!

第1位:コスパが最もいい「マイプロテイン Lグルタミン」

マイプロテイン:Lグルタミン
原産国イギリス
フレーバーの種類9種類
内容量250g、500g、1kg
価格(1kg)3,230円

マイプロテインのLグルタミンはコストパフォーマンスに優れたパウダータイプのグルタミンサプリ。

1000gの内容量で、価格は3,230円と今回紹介しているグルタミンサプリの中では最も安いです。

それにフレーバーは9種類ので味がないのはちょっと苦手という方にも人気があります。

とにかくコスパ重視でいく!って方はこちらを選んでおけば後悔はしないでしょう。

それにセール時に購入すれば更に安くなることもありますので。

第2位;長期的な人気がある「MRM L-Glutamine 1000」

MRM :L-Glutamine 1000
原産国米国
フレーバーの種類1種類
内容量1kg
価格(1kg)3,350円

マイプロテインのグルタミンサプリについでコストパフォーマンスが高いのがMRMのL-Glutamine 1000。

平均で7円前後するグルタミンサプリの中で、この3.6円はコストパフォーマンスは良いほうです。

ちなみにメーカーは、MRM社といい、1996年に設立されたサプリメントメーカーで、米国カリフォルニア州に本社を置いています。

MRM社の製品は、複数大学と共同開発されていて、さらに検証実験の結果は世界的な情報誌にも発表されている大手メーカー

成分の公表を大切にしているとの事で、公式サイトでは、発売する全ての商品の成分表示をしています。

安心感がありますよね。

ちなみに以前のパッケージはこちらでしたが、

※以前摂取していたグルタミンはMRMのグルタミンでした。

今は変わっております。

第3位:乳酸菌入りで選ぶなら「パワープロダクション グルタミンパウダー」

パワープロダクション:グルタミンパウダー
原産国国産
フレーバーの種類1種類
内容量250g、500g、1kg
価格(1kg)3,230円

グリコのパワープロダクション グルタミンパウダーはグルタミンだけでなく、プラスで乳酸菌も配合。

1g辺りの価格は、平均より少し高いですが、グルタミンを効率的に摂取する為の乳酸菌を配合しています。

このサプリに含まれている乳酸菌は、EC-12と呼ばれる乳酸菌です。

その効果は、腸内の善玉菌増加と腐敗生産物の減少があり、それにより腸内環境の調整がされます。

腸内環境が整えば栄養の吸収率があがるので、栄養の吸収率を高めてくれるグルタミンとは相性抜群!

よりグルタミンの効果を出したい方におすすめです。

第4位:コスパと安心感で選ぶ「オプチマム グルタミンパウダー」

オプチマム :グルタミンパウダー
原産国米国
フレーバーの種類1種類
内容量300g、600g、1kg
価格(1kg)5,197円

オプチマムのグルタミンサプリも人気があるグルタミンサプリ。

マイプロテインのグルタミンと比較すると倍近く違いますが、それでもメーカーの信用性や人気度を考えればそこまで高くはないかと。

オプチマムは、1986年にCostello兄弟によって設立された、世界的なサプリメントメーカー。

公式サイトでは、なんと50名以上の契約ボディビルダー達がおり、オプチマムの商品を実践しています。

歴史は30年続いており、信頼度の高い会社になりますね。

第5位:国産のグルタミン単体なら「バルクスポーツ グルタミンパウダー 1000mg」

バルクスポーツ:グルタミンバウダー 
原産国国産
フレーバーの種類1種類
内容量200g、500g、1kg
価格(1kg)6,001円

バルクスポーツは、パウダータイプのグルタミンサプリです。

激安ではありませんが、国産では安い部類に入ります。

ただ、もっともおすすめ出来るポイントは、国内生産であることと最高級の原料しか使っていないという「安心感」。

メーカーのバルクスポーツは、仙台市に拠点がある「株式会社ボディプラスインターナショナル」のスポーツサプリメントブランドです。

この会社の理念として、最高級の原料しか使わないという方針があり、さらに政府公認の検査機関で徹底的に純度分析なども行っています

ここまで面倒なことをやれている国内メーカーなので安心感が違いますね。

とにかく国産で安心感がほしいという方には人気があります。

第6位:ビーレジェンド グルタミン

ビーレジェンド:グルタミン
原産国不明
フレーバーの種類1種類
内容量500g、1kg
価格(1kg)6,980円

ビーレジェンドのグルタミンサプリもグリコのグルタミンサプリと同じく乳酸菌を配合しています。

ただ、グリコの乳酸菌はEC-12と呼ばれる乳酸菌を使用していますが、ビーレジェンドの乳酸菌は何を使用しているかわからないためこの順位にしました。

それに原産国も不明だった点も少しマイナスです。

それでも検査などはしっかりとしているみたいなので品質には問題ないと思いますが。

第7位:Kentai グルタミンZMAプラス

Kentai:グルタミンZMAプラスン
原産国国産
フレーバーの種類1種類(オレンジ)
内容量210g
価格3,369円

KentaiのグルタミンZMAプラスはグルタミンだけでなく、ZMAやビタミンB群などが配合されています。

このZMAとは、ビタミンB6、亜鉛、マグネシウムを組み合わせた成分の事を指します。

その効果は、免疫力向上、筋力肥大の促進、睡眠の質改善などがあります。

様々な有効成分が含まれているので、1g辺りの価格は、最安値の7倍はします。

ただ、通常なら別で取らないといけない、栄養素が3種類も取れるので、結果として、バラバラでかうより安く済ませられます。

ちなみにこのグルタミンサプリは味がついており、オレンジ味です。

水に溶かして飲んでも美味しい風味との事で味について高評価を受けている数少ないグルタミンサプリになりますね。

第8位: NOW Food L-グルタミン粉末 100 Pure  

NOW Food:L-グルタミン粉末 
原産国米国
フレーバーの種類1種類
内容量1kg
価格4,480円

NOW Foodsは1968年に創業した業界最王手のサプリメントメーカーです。

自然素材にこだわったアイテムが約2,000点以上にあり、その商品の品質には自信があります。

コスパは悪くはないですが、可も不可もないということでこの順位にしました。

第9位:ゴールドジム グルタミンパウダー 500g

ゴールドジム:グルタミンパウダー
原産国国産
フレーバーの種類1種類
内容量300g、500g
価格(500mg)6,260円

最後はヘビーユーザーに人気があるゴールドジムのグルタミンサプリ。

昔から品質が良いことで有名なグルタミンサプリです。

ただ、コスパ的にはよくないのでどうしてもいゴールドジムのサプリがほしい!という方以外にはあまりおすすめはしません。

第10位:DNS グルタミン

DNS:グルタミン
原産国ブラジル
フレーバーの種類1種類
内容量300mg
価格3,564円

国内で人気のDNSからもグルタミンサプリは販売されています。

グルタミンのみを配合したグルタミンに特化したサプリです。

他の国産メーカーは原産国が日本なのに対してDNSはブラジルが原産国になっています。

なぜ、国産じゃないのかはちょっと気になますが、DNSはスポーツ店などに置いてあるのどこでも手軽に手に入るというのは魅力の1つです。

ただ、コスパはよくありません。

タブレット型なら「NOW Foods – Lグルタミン 1000mg」

最後にパウダーではなくタブレット型のグルタミンサプリがほしいかた向けへ。

タブレット型のグルタミンサプリはあまりないんですが、NOW Foods – Lグルタミン 1000 mgならコスパも良くておすすめ。

ただ、以前に飲んだ時に海外製だからどうかわかりませんが、錠剤がかなり大きかったので飲みづらい印象はありました。

なので、ちょっと大きめの錠剤が苦手な人は微妙かもしれません。

グルタミン配合の筋肉サプリを活用するのもおすすめ

上記はグルタミン単体のサプリですが、今ではグルタミンやHMB、BCAA、クレアチンといった成分が配合されているオールインワンの筋肉サプリもあります。

お金に余裕がある方はグルタミンサプリを単体で摂取してもいいですが、

他にもクレアチンBCAAなども一緒に摂取することを考えているなら、オールインワンの筋肉サプリの方がコスパはいいかもしれません。

コスパが良い筋肉サプリだと5,000円~くらいから購入することができるのですべて単体で揃えるよりは安く済みますので。

それに1つの粒にすべて配合されているので、持ち運びも楽ですから。

グルタミン以外の摂取も考えている方は要検討してみてください。

まとめ

今回はおすすめのグルタミンサプリを紹介しました。

基本的には、味や品質の大きな差がないグルタミンサプリ。

選ぶならコストパフォーマンスを中心に選んでみるといいかもしれません。

価格より効果や使い勝手を重要視される方は、乳酸菌などの+α成分が入っているものや、タブレットタイプで飲みやすいものを選んでみてください。

今回の記事がグルタミンサプリを選ぶ時の参考になればと思います。

では、興味がある人はグルタミンサプリを摂取して一緒に筋トレを頑張っていきましょう。

なべ光でした^^

グルタミンサプリランキングに戻る