着用することで筋肉に刺激を与え、理想的な体型作りのサポートを行う加圧シャツ。

加圧シャツを着ることで、今までのような厳しい筋トレや激しい運動をすることなく、より手軽に体を鍛えられることから人気を集めています。

ただ、色々なブランドや商品が登場するに従って、中には「偽物」と呼ばれる粗悪品も市場に流通。

これからの加圧シャツ選びには、正確な判断力と商品知識が求められていくでしょう。

では、本物の加圧シャツと偽物の加圧シャツはどのように見分ければよいのでしょうか?

この記事では、加圧シャツの選び方や偽物と本物の判別方法について詳しく解説していきます。

加圧トレーニングとは意図的に体内の血流を制限する筋トレ方法

加圧シャツは、その名称の通り筋肉に圧力を加えることで、意図的に乳酸濃度を高め体を鍛えることを目的として作られています。

そのため、上半身には強い刺激が加わり、その力を利用して筋肉を飛躍的に大きくわけです。

筋肉を鍛える上で「圧力」を元にしているので、基本的な考え方は加圧トレーニングと同じです。

だからこそ、加圧シャツでしっかりと肉体改造を行いたい場合は、まず「加圧トレーニングとは何か?」ということについて理解しておく必要があるでしょう。

加圧トレーニングは 意図的に体内の血流を制限することで筋繊維の発達を促進する筋トレ方法です。

血流濃度を低く抑えることで一時的に体は酸素不足となり、血液中の乳酸濃度が急激に上昇します。

そして、成長ホルモンの分泌が高まることで筋肉は飛躍的に大きく鍛えられるのです。

ジムなどに行くと、二の腕の回りや腹筋回りなどにバンド(帯)を巻いた方に出会うことがあると思います。

彼らが実践しているのが加圧トレーニングで、帯を体の一部に巻いて血流を抑制しているのです。

通常、筋トレは毎日同じ重量で運動していても筋肉量が増加していきません。

何回も筋トレメニューを繰り返すことで同じ重量が軽く感じる時期があり、どんどん負荷を強くしていかなければ筋繊維は太く成長していかないのです。

一方、加圧トレーニングの場合は、血液中に分泌される乳酸が多くなるので、いつもより軽い重量、少ない運動時間でも大きな効果が見込めます。

これが加圧トレーニングの良いところで、少ない時間でも効率的に体を鍛えられるので、忙しい方やあまり体に負荷をかけたくない方に向いているのです。

ただし、過度な加圧は体に悪影響を及ぼす可能性があるので、加圧トレーニングは必ず専門家のもと行うようにするのが基本です。

加圧トレーニングに関してはこちらの記事でも詳しく解説しているので興味がある方は見てみてください。

加圧シャツの選び方|偽物と本物の見分け方

加圧シャツも、考え方自体は加圧トレーニングと同じで、服の着圧によって意図的に血流を抑制します。

ただ、 加圧トレーニングと違ってバンドで強烈に部位を縛ることがなく、あくまでも生地の伸縮性を利用しているだけなので圧力の観点では力は劣ります

そのため、加圧シャツはよく誤解されるような「着るだけで筋肉が付く、痩せる」という効果はほとんど見込めないでしょう。

その代わり、加圧シャツを着ながら筋トレを行うことで、従来の負荷の重いトレーニングより短時間・少負荷で効率的に鍛えることが可能になります。

ただし、しっかりと筋肉を鍛えるためには、加圧シャツに必要な要素があり、「本当に効果のある加圧シャツ」にはそのほとんどの要素が備わっています。

それでは、順番に各要素を紹介していきましょう。

生地の伸縮性(加圧力)

加圧シャツの加圧力は、生地の伸縮性によって成り立っています。

例えば、伸縮性のある洋服を着たことがある方は、体がピチピチになり締め付けられている感じを味わったことがあるでしょう。

加圧シャツもそれと同じで、生地に強力な伸縮機能を持たせ、その効果によって血流を抑制します。

基本的には伸縮素材として利用されるのはスパンデックスというもので、高級ポリウレタン生地として抜群の伸縮性を実現します。

それぞれの製品ごとに材質を見てみると、スパンデックスの配合量が示されています。

しっかりと体を鍛えたいなら、スパンデックスの数値が15%くらいは欲しいところです。

あまりにも数値が低ければ、血流を抑制するどころか「単なるよく伸びるTシャツ」でしかありません。

特殊縫製加工

特殊縫製加工とは、より強力な加圧力を実現するための施しのことです。

例えば、加圧シャツの種類によっては、腹筋回りにスパンデックス繊維が圧縮されていたり、腕や胸、腹など集中的に鍛えたい部分にスパンデックスが局所的に配合されていたりします。

こうした特殊加工は腹筋や背筋、たくましい二の腕や胸板など、体の部位を集中して鍛えるには効果的で、その部分は加圧力が向上しているので、より効率的に鍛えることができます。

サイズのバリエーション

加圧シャツはサイズ選びも重要です。

例えば、いくら伸縮性のあるシャツでも、自分の体型よりも大きいサイズを着用していると、せっかくの加圧力もほとんど機能しません。

加圧シャツの中にはフリーサイズで展開しているものもありますが、できればサイズバリエーションが豊富で、 自分に合ったサイズを選べるメーカーのものがおすすめです

加圧シャツのサイズの選び方に関してはこちらの記事で詳しく解説しております。

加圧シャツを選ぶ際の注意点

加圧シャツを買う目的は人によってそれぞれ異なります。「加圧シャツで痩せたい」という方もいれば、「シックスパックの腹筋に!」という方や、「たくましい胸板を作りたい」という人もいらっしゃるでしょう。

ただ、目的があるからこそ、加圧シャツに求められるのは「本当に効果が出るか?」という部分です。

つまり、効果の出ない加圧シャツほどお金の無駄遣いはありません。

ここで言う「本物の加圧シャツ」は上記の通り「目的に対する効果がある商品」ということになり、反対に「偽物の加圧シャツ」は「効果の出ない商品」です。

そのため、加圧シャツを購入する際は「いかに本物の商品を見つけるか?」にかかっています。

では、偽物の加圧シャツを入手しないために注意すべき点はあるのでしょうか?

今回は、本物の加圧シャツの選び方として主に3つ

  • 生地の伸縮性
  • 特殊縫製加工
  • サイズバリエーション

を紹介してきました。

注意すべきは、公式サイトの販売ページにしっかりと材質が記載されているかです。

たまに材質を全く表記せずに、宣伝として「スパンデックス素材を使っている」とだけ記載した商品も見受けられます。

こうしたシャツは、 中にどれくらいスパンデックスの量が配合されているか分からず、体にどれほど影響を与えるかも未知数なので避けるのが無難です

また、公式サイト外(Amazonや楽天市場)で販売している商品にも注意が必要です。

公式サイト外で販売されている加圧シャツは、多くの場合、公式メーカーとは別の販売者が転売しているに過ぎません。

そのため、本当に公式商品かどうか確かめる術がないのです。

実際、公式サイト外から購入した加圧シャツで、同じブランドを謳っていながら届いたら全く違う商品だったという情報もあります。

完全な偽物が届いてしまうと、伸縮性のない単なるTシャツや、加圧力の劣る製品の場合もあるので、正規品を手に入れるにはしっかりと公式サイトから購入することをおすすめします。

24時間トレーニング可能は危険!

加圧シャツでよく見かける文言が「24時間トレーニング可能」というもの。

加圧シャツを着用すればするほど、体には負荷がかかってどんどん乳酸値がアップ、その結果着用しているだけで筋肉増強効果があるということです。

しかし、体に負荷ばかりかけていては逆効果となります。たまに体を休ませることで筋肉はより強く成長するのです。

例えば、「体を鍛えたいから、昼も夜も、寝ている間も加圧シャツを着続ける」という使い方はおすすめできません。

人は仕事や生活をしている昼の時間には交感神経が優位になり、逆に寝ている間は副交感神経が優位になります。

副交感神経が優位になることで、体はリラックスすることができ、脳の情報整理や筋肉の休息が行われているのです。

寝ている間に加圧シャツを着用すると、神経が張り詰められて副交感神経がうまく作用しなくなります。

すると、朝起きた時に疲れを感じたり、昨日までの疲れが取れにくくなってしまいます。

筋肉は常に疲れを感じた状態になるので逆効果ということです。

つまり、加圧シャツは長い時間着ればよいというものではなく、筋トレや運動を行う時間に集中することが大切です。

女性が加圧シャツのサイズを選ぶ際のポイント

今回紹介している加圧シャツの選び方は基本的に男性向けに作られた商品向けの加圧シャツです。

加圧シャツを着用する目的も「体を鍛える」ということがメインとなっていて、商品のサイズ感も男性をメインに考えられています。

伸縮性の高い加圧シャツであればSサイズを選ぶことで、小柄な女性でも着用することができます。

ただし、男性と女性とでは体の構造が全く異なるので、男性用加圧シャツを女性が選ぶのはおすすめできません

例えば、バストサイズの大きい女性が加圧力の高いシャツを着用した場合、胸の部分に強い引き締め感を感じるのでバストの形が崩れてしまったり、体調を壊してしまう恐れもあります。

それに逆に女性が男性用をつかう場合だとどうしても締め付けが弱くなる可能性が高いです。

女性には女性用の加圧シャツや着圧ブラなどが用意されているので、できればそちらを選ぶ方ことをおすすめします。

そうすることで

  • バストアップをしたい
  • ダイエットに役立てたい
  • くびれのあるウエストに

という目的が達成しやすいでしょう。

女性用として発売している商品には下記のようなものがあります。

  • エクスレンダー
  • マジカルボディスリマー
  • アブクラックスインナー

それぞれ簡単にではありますが紹介しておきます。

エクスレンダー

エクスレンダーは加圧式ブラトップとして非常に人気の高い商品です。

スパンデックスの配合量は15%と他の商品と比較しても抜群の加圧力を誇ります。

しっかりと女性用の体型に合わせて作られているので、バストアップ効果ウエスト引き締め効果を実感できます。

マジカルボディスリマー

マジカルボディスリマーは、お腹やウエスト、背中などの脂肪を燃焼し、より細身のボディラインを作り上げます。

ブラトップ式のエクスレンダーとは異なり、マジカルボディスリマーはTシャツタイプとなっていて、袖口が付いていることから、二の腕をスリムにする効果も期待きます。 着用した女性の満足度はなんと98%。

高い満足度の理由は、人体工学に基づいた商品デザインで、マジカルボディスリマー1枚で体幹トレーニング効果やダイエット、ウエストシェイプ、代謝アップなど9つの効果が期待できます。

アブクラックスインナー

アブクラックスインナーは、女性の気になる下腹部やウエスト部分をシェイプしやすい加圧シャツとなっています。

ブラットップタイプとTシャツタイプの2種類から選ぶことが可能で、集中的にくびれ作りやウエストシェイプができます。

スパンデックス繊維を豊富に配合しているので、体の芯から鍛えることで、ダイエットや姿勢矯正、代謝アップという効果が期待できるでしょう。

まとめ

今回は、加圧シャツの選び方を紹介しました。

このテーマを取り上げた理由は、 あまりにも過大効果を喧伝する加圧シャツメーカーが多かったからです

加圧シャツを加圧トレーニングと同じように認識してしまうと危険です。

加圧シャツはあくまでも「着圧」を基本にして体を鍛えようとするもの。

そして着圧は、加圧トレーニングのようにパワーが強いわけではありません。

そのため、スパンデックス配合量が多い、もしくは筋肉増強に効果的な特殊加工がない限りは高価が見込めません。

しかも加圧シャツの値段は決して安くはないので、効果のあるものを選ばないとお金を捨ててしまうだけです。

もし、これから加圧シャツを購入したいという方は、今回紹介した「加圧シャツ選びのポイント」をご参考にしてみてください。