高齢者も絶対に筋トレをやるべき。効果ある3つ理由とは?

高齢者が筋トレをするというイメージを、あまり持っていない人もいるでしょう。

少し前なら、筋トレなどの危険なことは辞めてくださいと、言われていました。

確かに高齢者にとって、激しい筋トレは若い人が行う筋トレよりも、リスクを伴うこともあります。

しかし、それは過度な激しい筋トレが危険なだけであって、適度な筋トレであれば筋肉の減少を抑えることができるので、むしろプラスの要素の方が多いです。

人間に関わらず動物というのは、必ず年を取ります。

そして人間なら20代をピークに、徐々に筋肉なども減少していきます。

これは誰でも同じです。だからこそ筋肉の減少などを、いかに抑えるようにしていくことが大事だと僕は思っています。

そのための一つに筋トレがあるのです。

そこで今回は、高齢者にも効果がある筋トレを行うべき3つ理由について、書いていこうと思います。

高齢者って何歳から?

cowboys-297923_640

僕の父親はもう少しで高齢者の年になります。

高齢者って何歳くらいからなんだろうと思い、少し調べたところ65歳以上の人を高齢者というみたいです。

今は65歳でも全然元気な人はいるので、高齢者っていうと怒る人いますが、一応世界保健機構でも65歳以上は高齢者というらしいです。

国連の世界保健機関(WHO)の定義では、65歳以上の人のことを高齢者としています。 65-74歳までを前期高齢者、75歳以上を後期高齢者と呼びます。 日本での高齢者の割合は20%にもなり、世界でも最も高い水準です。 高齢者の割合は今後も増加し、総務省統計局によると2015年には25%を超えると見込まれています。高齢者 | e-ヘルスネット 情報提供

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.