皆さんはどんなジムで筋トレをされていますか?

日本であれば、ティップネス、コナミ、NAS、最近ではエニタイムフィットネスなんかが人気ですよね。

ボクの地元にはどれもないので、安っいジムに通ってますけど。(月会費5000円税込!)

そんなジムですが、今回紹介するトレーニングジムは本場ロサンゼルス生まれの超大手「ゴールドジム」です。

トレーニングジムをどこと契約しようか悩んでいる方、ゴールドジムへの入会を考えている方にゴールドジムの特徴や通う際の注意点などを紹介していきます。

金額は高いですが、その分設備は最高ですから。近くにゴールドジムがある人は見てみてください。

ゴールドジムとはカリフォルニア州ロサンゼルス発のジム

1965年にカリフォルニア州ロサンゼルスのベニスビーチに1号店を構えたゴールドジムは、俳優としても活躍した伝説のボディビルダー「アーノルド・シュワルツェネッガー」が筋トレをしていた場所として有名になり、現在はアメリカを中心に世界各国に展開する超大手トレーニングジムです。

筋トレを愛する人なら1度は行ってみたい聖地ですよね。

日本ではTHINKフィットネスが代理となり、1995年に日本1号店のイースト東京をオープン。

日本のフィットネスジムは

  • 筋トレが出来るフリーウエイト
  • マシンのスペース
  • スタジオ
  • プール
  • ランニング施設
  • スパ

などが併設している事が多いですが、ゴールドジムは

  • ボディビル
  • ダンス
  • 格闘技

といった専門のアスリートが利用する傾向にあるため、都心部を中心に店舗が展開されています。

他のフィットネスジムと異なるのはやはり専門性。

とにかく筋トレだけしたいんだ!という方には筋トレ設備が整ったゴールドジムがおすすめです。

しかし、筋トレ以外にも様々なセミナー(スタジオでのヨガやエアロビクス)やプール、スパも使いたい、という方にはあまりおすすめできません。

ゴールドジムは初心者にもおすすめ

筋トレを始めたての初心者の方の場合、とにかく始めにいかに質の良い指導をしてもらえるかが後々とても大切になってきます。

ゴールドジムのトレーナーは社内のアカデミーにて、働きながらもしっかりとトレーニングについて勉強されているので、指導者としてとても安心できます。

また、トレーナーのユニフォームである袖の色は、そのトレーナーの指導レベルを示します。

  • レッド…アカデミー受講中の見習いトレーナー
  • オレンジ…アカデミーを卒業したオフィシャルトレーナー
  • グレー…アカデミーを卒業し、上級以上の知識や実技があると認められたプロトレーナー
  • イエロー…社内でも1桁しかいないと言われているアドバンストレーナー

ゴールドジムのトレーナー、またボディビルの日本王者として有名な鈴木雅選手はもちろんイエロー袖の凄腕トレーナー。

日本ボディビルチャンプ鈴木雅選手とは?筋トレメニューや食事内容を紹介。

運が良ければ日本王者の鈴木雅選手に指導して頂けるかもしれないというのも、ゴールドジムへ通う魅力の一つです。

つまり、質の良い指導が必要な筋トレ初心者の方には、質の良い指導が期待できるゴールドジムへ通うことはとてもおすすめなのです!

ゴールドジムに女性は大丈夫?

もちろん女性でも問題ありません。

在中しているトレーナーは男性だけでなく、しっかりと女性のトレーナーもいるので安心です。

しかし、注意しなければならないのは先程も紹介した通り、ゴールドジムは比較的筋トレにフォーカスしたフィットネス施設であるということ。

もちろん店舗によって異なるのですが、スパ施設がなかったり、スタジオ教室の種類が少なかったりすることがあります。

筋トレをしたい!という人は間違いなくゴールドジムで構いませんが、その他の施設も楽しみたい方はしっかりと店舗を選ぶ、もしくはゴールドジム以外のフィットネス施設の選択も検討した方がいいでしょう。

恐らくある程度の大手なジムになれば初回無料で体験できるサービスなどを行っているはずですので。

ゴールドのプロテインは高い

ゴールドジムは筋トレエリアに併設してプロテインバーが設置されています。(棒状の健康補助食品ではありません)

プロテインバーは筋トレ直後に適切な栄養を適切なタイミングで摂取するために存在し、プロテインだけでなくクレアチングルタミンといったサプリメント類も販売しています。

ネットでは、プロテインバーのプロテインはとにかく美味しいと話題になっていますが、一杯360円となかなか強気な値段設定になっています。

ここで使われいてるプロテインはもちろんゴールドジムが販売しているプロテインですので、ネットや店舗で購入して自分で作ることも可能です。

ゴールドジムのプロテインの特徴としては

  • 美味しい
  • 吸収率がいい
  • ビタミンB群が配合されているので筋合成に効果的

といったことが挙げられます。

しかし、コスパは悪い部類に入るのでお財布と相談しながら購入することをおすすめします。

いくら飲みやすくて良いプロテインでも高くて継続できなかったら意味がないですから。

コスパなどもふまえたプロテインの比較記事はこちらで紹介しているので、参考までに。

おすすめのプロテイン比較ランキング!コスパや含有量から徹底検証!

ゴールドジムのメリット、デメリット(注意点)

次に、ゴールドジムのメリットとデメリットをそれぞれ紹介します。

やはりいい面もあれば、人によってはデメリットになる部分もありますから。

ゴールドジムのメリット

ゴールドジムの主なメリットはこの3つ

  • 筋トレの設備は完璧
  • レベルの高いトレーニング指導
  • 筋トレの設備は完璧

この3つです。

筋トレの設備は完璧

筋トレをするのであれば、ゴールドジムで間違いありません。

十分なマシン、フリーウエイトスペースがあなたを待っています。

レベルの高いトレーニング指導

運が良ければ日本チャンピオンが指導にあたってくれるかもしれないゴールドジムのトレーニング指導レベルは、日本のフィットネス業界では群を抜いて優れています

初心者の方はぜひゴールドジムをご利用ください。

プロテインバー完備

値段はさておき、プロテインバーという響きの魅力は半端ないです。

週に1回ぐらいは頑張った自分へのご褒美として、プロテインバーで美味しいプロテインを楽しむのもいいのではないでしょうか。

ゴールドジムのデメリット

逆にデメリットとしては

  • ゴールドジムは筋トレ専門のフィットネス施設
  • 筋トレ意外の設備は充実していないことが多い
  • フランチャイズの会員登録に注意

この3つです。

ゴールドジムは筋トレ専門のフィットネス施設

他のフィットネス施設と大きく異る点です。

筋トレへの専門性が高いため、トレーナー、また利用者は筋トレガチ勢であることが多いです。

始めは少し勇気がいるかもしれませんが、初心者が筋トレを学ぶにはもってこいの環境です。

筋トレ意外の設備は充実していないことが多い

設備費は基本的に筋トレ器具に使われています。

プールや大浴場のような維持費がかかるようなスパ設備は少なくなっています。

フランチャイズの会員登録に注意

ゴールドジムはフランチャイズとして様々な店舗を構えていますが、いくらマスターメンバーと言えどフランチャイズ店は入ることができません

地方になればなるほどフランチャイズ店が多いので、マスターメンバーへの登録には十分に注意しましょう。

ゴールドジムの評判

ネットでゴールドジムの評判を検索しても分かるように、ゴールドジムはとにかく専門性に長けた筋トレジムです。

もっと分かりやすく言うと、ガチムチな筋トレガチ勢が多いということです。

Twitterのゴールドジムの評判を見てもそれがわかります。

ジムスペースでは声をだすことは禁止されていますが、それでも色んな所からうめき声が聞こえてくるそうな。。。

おしゃれなウェアを来てジョギングマシンで音楽を聞きながら優雅に有酸素運動をしたい、という方にはすこし別世界になってしまうようです。

設備費のほとんどは筋トレ器具にかけている様子で、

  • プール
  • 大浴場

は維持費が膨大に掛かるために基本的には設置しておりません。

※設置してある店舗もあります。

また、有酸素マシンについても他のフィットネス施設と比べると少し少ないようです。

それでもやはり人気はかなりあります。

ゴールドジムの料金設定

次に気になる詳しい料金について見ていきましょう。

筋トレの専門ジムだから一見高そうですが、プールや大浴場などの維持費が高い設備を導入していないのもあってか、比較的良心的な価格設定になっています。

店舗によって価格が多少上下するようですので、今回は一号店であるイースト東京の価格を見ていきます。

まず会員の種類ですが、大きく3つに分類されます。

会員の種類 利用可能な店舗
マスターメンバー プレミアム店、FC店を除く全店を利用可能
関東エリアメンバー プレミアム店、FC店を除く関東店舗を利用可能
レギュラーメンバー 登録時の店舗のみ利用可能(今回はイースト東京)

マスターメンバー、関東エリアメンバーはフルタイムでの登録のみ可能です。

次に料金です。

ゴールド

フルタイムでの利用+レンタル5点セット(シャツ、パンツ、シューズ、バスタオル、フェイスタオル)

  • マスターメンバーの場合:20,000円
  • 関東エリアメンバーの場合:19,000円
  • レギュラーメンバーの場合:15,000円

フルタイム

こちらはレンタル5点セットが付かないフルタイムのみの利用です。

  • マスターメンバーの場合:14,000円
  • 関東エリアメンバーの場合:13,000円
  • レギュラーメンバーの場合:10,000円

ここからは更に細かい時間割を設定することで安く登録できるシステムですが、これはレギュラーメンバーのみが対象になります。

デイタイム

月曜〜土曜の開店後〜18:00までの利用。

  • レギュラーメンバーのみが対象:8,000円

ウィークエンド

週末(土曜、日曜、祝祭日)のみのフルタイム利用。

  • レギュラーメンバーのみが対象:6,000円

ファミリーメンバー

同居している家族(2親等以内)で一緒に登録をすると割引されるシステムです。利用時間はフルタイム。

  • レギュラーメンバーのみが対象:7,000円(一人あたり)

いかがでしょうか?

ジムに行く時間が決まっている場合、限定されたプランを選択することで値段をリーズナブルに抑えることができます。

他のフィットネス施設よりも筋トレ設備が整っていて、かつ値段も良心的ですので、筋トレガチ勢には本当におすすめです。

料金だけの表もまとめておくのでどうぞ。

会員の種類 ゴールド フルタイム デイタイム ウィークエンド ファミリー
マスターメンバー 20,000円 14,000円
関東エリアメンバー 19,000円 13,000円
レギュラーメンバー 15,000円 10,000円 8,000円 6,000円 7,000円(一人あたり)

※すべて税別です。

他の大手ジムと料金比較

初めてジム通う人も場合、上記の料金が高いのか安いのかの判断が難しいですよね。

そこで、他の大手ジムとの料金を比較してみます。

ガッツリと筋トレをする人はゴールドジム一択でも問題ないですが、他の検討している人は参考程度に見てみてください。

ちなみに比較するジムは

  • コナミスポーツクラブ
  • セントラルスポーツ
  • ティップネス
  • エニタイムフィットネス
  • ルネサンス

この5つプラスゴールドジムです。

ちなみに、ゴールドジムは関東エリアメンバーのフルタイムで比較しています。

大手ジム 料金
コナミスポーツクラブ 13,680円(全国)
セントラルスポーツ 14,800円(全国)
ティップネス 16,667円(綾瀬店)
エニタイムフィットネス 7,800円(秋葉原店)
ルネサンス 11,300(両国)
ゴールドジム 13,000円

※すべて税別です。

エニタイムフィットネスを除いてはほとんど15,000円前後という料金プランになっています。

安さで選ぶなら、エニタイムフィットネスもおすすめですね。

また、ジムの各店舗によって少し料金体制が違うので、もちろん安いジムもあれば高いジムもあります。

まー、実際にそこまで金額は変わらないので、自分がやりたい器具や施設があるジムを選んだ方が後々は後悔しないかと。

数百円の違いって案外気にしなくても良い金額ですから。

それよりも利便性を考えた方がいいと思います。

正直な話し、自分で調べていてもそこまでは変わらなかったので、ちょっとビックリしてますけどね。

ただ、個人的にはやっぱりゴールドジムかなー。

また違う記事で、もっと突っ込んだ比較記事も書こうと思います。

まとめ

いかがでしょうか。

早い話、筋トレしたいならゴールドジムに入れ!ということです。
それでもまだ悩んでいる方は、まずゴールドジムの施設を見学に行かれることを強くおすすめします。

見学に行った暁にはきっと筋トレへのモチベーションが高まり、ゴールドジムへ入会、最終的には結果にコミットできるはずです。

ぜひ、お試しあれ!