DCC ディープチェンジクレアチン

 

DCC ディープチェンジクレアチンは、クレアチンとHMBを配合したオールインワン筋肉サプリです。

ただし、クレアチンやHMBがどういった成分でどのように作用するのか、飲むだけで効果が得られのか、など気になる所ですよね。

そこで、ここではそんな成分が含まれている、話題の「DCC ディープチェンジクレアチン」について、徹底解剖していきます。

プロテインもそうですが、飲んだだけでは筋肉が付くことはないので、そこは注意してくださいねー。

ちなみに今なら毎月300名限定で初月実質無料のキャンペーンを行っています。

送料のみの560円で初月試すことができるのでかなりお得ですよ。

気になる方は公式ページで確認してみてください。

DCC ディープチェンジクレアチンの詳細を公式ページで確認

スポサードリンク

プロテイン以外にも効果がある成分はある

筋肉をつける為に、まず誰もが思い浮かべる定番のサプリメントと言えばもちろん「プロテイン」でしょう。

実際に筋トレを行う方も飲んでいる方が多いでしょうし、プロのボディビルダーの方や筋トレ上級者の方であれば、ほとんどの方が飲んでいるサプリメントメントです。

筋肉をつける、育てる上でプロテインは大切なのは事実です。

プロテインというのは、吸収されやすい為、筋肉を作る際に欠かせない、質のいいタンパク質を手軽に補給できる為、筋トレには欠かせないサプリメントになっている訳です。

ただし、筋肉を作ったり、ソフトマッチョなかっこいい体になる為には、プロテイン以外にも効果が期待できる成分を含んだサプリメントメントは他にも色々あります。

例えば、今回ご紹介するDCC ディープチェンジクレアチンという名前にも入っている「クレアチン」。

プロテインよりもまだまだ知名度は低いですが、実はオリンピックメダリストの75%が使用しているという程、トップアスリートの中では、最も重要視される人気の成分の一つです。

その他にも、HMBやBCAAなど筋肉づくりに重要なものから、脂肪の代謝を助けたり、余分な物を体内から排出し体内から改善してくれる成分などもあります。

他の筋トレサプリについてはこちらで詳しく紹介しています。

話題の成分「クレアチン」とは

「クレアチン」とは、トップアスリートも注目する、話題の成分で、タンパク質(アミノ酸)の一種になります。

元々はそこまで、メジャーな成分ではありませんでしたが、オリンピックの選手なども活用するようになり、徐々に活用する人も増えている話題のサプリメントメントです。

筋トレを行っている方でも、サプリメントメントは、プロテインとクレアチンだけって方も多いです。

そんなクレアチンの効果ですが、筋肉が強度の高い運動を行う時に必要となる成分で、クレアチンを補給する事で、

  • 筋力の発揮を強化
  • 筋力の瞬発力と
  • 持久力アップ
  • 筋肉を太らせる
  • 回復スピードが上がる

といった効果が期待できます。

クレアチンの副作用とは

基本的に、一日の摂取量を守っていれば、副作用の心配はないとされています。

ただし、どんなサプリメントも栄養素もそうですが、体にいくらよくても、「過剰摂取」はよくありません。

クレアチンを過剰摂取した場合は、

  • 尿量が増える
  • 一時的に筋肉がつりやすくなる

これらの副作用が出ることがあります。

尿量が増えるのは、クレアチンが代謝した後に残る老廃物クレアチニンが尿と一緒に排出される為です。

クレアチンを多く摂取すれば、その分老廃物も多く出るので、それを排出する為に尿量が多くなるという訳です。

また、筋肉がつりやすくなるのは、マグネシウムが不足するからです。

クレアチンを摂取すると、筋肉細胞内のカルシウムイオンの濃度を高める事で、筋肉を高める力になっています。

この時にマグネシウムが不足している事で、負荷がかかり、筋肉がつるという現象を引き起こしてしまうんですね。

さらに、クレアチンの老廃物となるクレアチニンは尿と一緒に排泄される訳ですが、この時通過する「腎臓」も大きく関係してきます。

腎臓の機能が、何らかの原因で異常をきたしている場合は、クレアチニンの排泄が正常に行われない為、血液中のクレアチニン濃度が上昇します。

このクレアチニン濃度の数値で、腎機能の働きが正常か判断できるんですね。

ただ、クレアチンを多量摂取の場合は、もちろん、クレアチニンも体内にたくさんできる訳ですから、血液中のクレアチニン濃度が高くなり、健康診断で腎機能が懸念されるといった場合を引き起こす事例もあるようです。

クレアチンの摂取は大切ですが、適量を厳守し、多量摂取は厳禁です。

クレアチンの摂取目安は3~5g

このクレアチンは、元々筋肉に存在する成分で、肉や魚などの食品にも含まれている為、食品からの摂取も可能です。

クレアチンの1日の摂取目安は3~5gと言われています。

摂取方法は「ローティング」と呼ばれる方法で行われることが多いですが、主に

  • 4〜5日でクレアチンを貯蓄する方法(1日に5gを4回)
  • 1ヶ月かけてクレアチンを貯蓄する方法(1日5g)

この2つの方法で摂取するのが一般的で、「毎日」摂取する事が大切です。

ただ、例えば5gのクレアチンを摂取するには、牛肉を約1kg、魚なら種類にもよりますが500g食べなければいけません

牛肉1kgなんて男性からすれば、なんとかいけそうと思うかもしれませんが、5gの為に、毎日牛肉1kg食べなければならないと思うと、お腹はなんとかなっても、逆に金銭的に大変です。

ならば魚500gなら・・・とはいっても、重量で言えば、大き目の鮭の切り身を5枚ほど、ししゃもなら中くらいのものを25尾は食べなくてはなりません。

牛肉1kgよりはマシとしても、毎日この量と考えると、さすがに辛いものがあります。

それに、減量をしていてせっかく理想の体を目指している方にとっては、上記の量を食べてしまうと、脂質も大量に摂取することになるので、カロリー過多になってしまい、体型維持も困難になってしまいます。

そう考えると、食事からすべてのクレアチンを摂取するのは、現実的ではありません。

なので、クレアチンを取り入れている方は、サプリメントメントなどを上手に活用して摂取している方がほとんどです。

クレアチン単体で摂取している方もいますが、ここ最近は、クレアチン以外にも筋肉の成長に欠かすことができない成分がたくさん含まれている「DCC ディープチェンジクレアチン」が人気があと話題になっています

スポサードリンク

DCC ディープチェンジクレアチンの主な成分と特徴

018

DCC ディープチェンジクレアチンとは、名前の通り、クレアチンに注目していますが、それ以外に含まれる成分も、筋肉とって欠かすことができない成分が多く含まれています。

特に筋肉の成長や減量の手助けしてくれる成分が

筋肉を育ててくれる、

  • クレアチン
  • HMB
  • BCAA
  • イミダ15

余分な脂肪を燃焼サポートしてくれる、

  • ブラックジンジャー
  • コレフォルコリ

体の隅々まで摂取成分を運んでくれる

  • シトルリン

追い込んだ体をしっかり休息させてくれる

  • オルニチン

こららの成分です。

上記の成分は単品としてのサプリメントもありますが、一緒に摂取する事で、相乗作用が得られる成分もあります。

ただ、見たこともない成分もあると思うので、これらの成分にどんな効果や効能があるのか、簡単に紹介致します。

DCC ディープチェンジクレアチンの詳細を公式ページで確認

HMBの効果・効能

HMBとは、「β-ヒドロキシβ-メチル酪酸」といい、ロイシンの代謝物です。

簡単にいうと、HMBという名前で、食品に含まれるアミノ酸の1種であるロイシンという成分が、体内で変化して生成される物質がHMBになります。

HMBも、元はアミノ酸の一種になるので。自然界に存在する物質です。

食品から摂取されたロイシンの約5%が体内でHMBに変換されると言われています。

HMBの効果が期待できる量は3gと言われており、3gのHMBを摂取する為には、60gのロイシンが必要になります。

例えば、プロセスチーズから60gのロイシンを摂取するには、約1.4kg、若鶏の胸肉(皮なし、生)であれば約1.1kgも食べなければならないという事になります。

私は、減量の時はこれくらい鶏胸肉を食べますが、まー飽きます笑。

そう考えると、やはり必要量を食品から摂取するには難しい事がわかりますよね。

HMBの効果としては、筋肉を大きくして、運動能力を高める効果が期待されています。

出典:http://www.healthynavi.co.jp/healthFood/hmb.html

筋肉をつくるタンパク質の合成を促進させるとともに、筋肉の分解を防止してくれる働きがあります。

そして、筋肉の損傷を抑えてくれるので、回復が早くなり、よりハードなトレーニングも可能になります。

さらにクレアチンと作用のメカニズムが違う為に、それぞれを単独で摂取するよりも、両方摂取した方が高い効果が得られます。

出典:http://www.healthynavi.co.jp/healthFood/hmb.html

筋肉を大きくし、さらに筋肉の損傷を抑え、回復をサポートしてくれる、筋トレには心強い成分の一つと言えますね。

BCAAの効果・効能

BCAAとは「BranchedChainAminoAcids」の頭文字で、必須アミノ酸である、

  • バリン
  • ロイシン
  • イソロイシン

この3つの事をいいます。

食物中のタンパク質を構成している必須アミノ酸におけるBCAAの割合は約50%とおよそ半数で、ヒトの筋タンパク質中の必須アミノ酸のBCAAの割合は約35%にもなります。

つまり、筋肉づくりに果たすBCAAの役割は非常に高いのですが、運動中に分解されてしまう量もかなりあると考えられています。

激しい運動を続けるとBCAAを確保するために、大量の筋肉が分解されてしまうのです。

その為に、BCAAを補う事で、分解される筋肉の量を抑制する事が大切になります。

筋トレ中などに、BCAAを単体で摂取している方も多いサプリメントメントで、BCAAも人気の成分の1つです。

イミダ15の効果・効能

イミダとは「イミダゾールジペプチド」という成分の略称であり、あまり聞きなれないかもしれませんが、実は1900年ころには発見されていた成分です。

「15」という数字は、濃度が15%以上という事を表しています。

哺乳類の骨格筋中で発見されましたが、渡り鳥を祖先に持つ、ガチョウの骨格筋中に豊富に含まれている事がわかりました。

中でも羽を動かす胸肉の部分に、特に濃度が高い事が分かり、渡り鳥が2週間以上も休む事無く飛び続けられるパワーの源が、このイミダゾールジペプチドであると着目されました。

イミダゾールジペプチドは哺乳類の筋肉や脳などに存在します。

運動持久力の向上や、疲労感軽減などの働きがあります

抗疲労、スポーツパフォーマンスの向上に期待されるので、最近では知名度もメキメキと上がり、スポーツマンに注目される成分の一つです。

ブラックジンジャーの効果・効能

アルギニンというアミノ酸を豊富に含んでいて、タイでは1000年以上も前から活力の源として愛飲されているブラックジンジャー。

さらに抗肥満素材、つまり肥満解消に一役かってくれる素材として注目されています。

脂肪細胞内の中性脂肪を分解し、更にエネルギーをして消費することで脂肪を燃焼するという働きを、より効率よく行い、脂肪燃焼のサポートとして力強い役割を果たしてくれます。

アルギニン以外にも、ポリフェノールやミネラル、食物繊維なども豊富に含まれています。

コレウスフォルコリの効果・効能

コレウスフォルコリは、インドやネパールに自生するシソ科の植物です。

コレウスフォルコリは、脂肪細胞をコントロールする信号を受け取る「ベータ3アドレナリン受容体」というものに信号を送る脳に直接働き、脂肪の分解や燃焼の働きを活発にさせます

この働きが低下すると、太りやすい体質になってしまいます。

しかも日本人の3人に1人は、この受容体の働きが悪く、太りやすい体質であると言われています。

代謝アップの働きもある、注目の植物です。

シトルリンの効果・効能

シトルリンは、体に吸収される途中で、「一酸化窒素(NO)」を発生させます。

一酸化窒素は実は体内にあまりよいものではないのですが、この一酸化窒素を排出させるために、血管を広げます。

血管を広げると血流がよくなり、体全体に血が巡ります。

その働きにより、一緒に摂取した必要成分を、体全体に届けるサポートをしてくれるんですね。

よい成分は体全体に運び、老廃物などわるい成分は排出がスムーズになり、デトックスやダイエットやムクミ解消にも一役かってくれる成分でもあります

オルニチンの効果・効能

二日酔いや肝臓によいとされる成分として聞いた事があるであろうオルニチンですが、疲労回復効果も期待できます。

オルニチンは睡眠中の成長ホルモンの分泌を促進してくれる効果があります

成長ホルモンは、名前の通り成長する為に重要な働きがありますが、実は疲労回復にも大きく関係しています。

睡眠中に分泌される成長ホルモンは、運動や労働などで疲労したり破損した体組織を、修復したり再生する働きがあります。

酷使した体を回復させてくれる、重要な役割がある成分です。

その他の成分

その他にも体内環境を整えてくれる酵素として人気の高い、発酵エキスを236種類

活性酸素を排出してサビない体を作ったり、免疫力増加が期待できる「水素」を体に留めてくれる、水素吸蔵サンゴカルシウム

脂肪の吸収の抑制や、糖の吸収を穏やかにしてくれる、トウモロコシが原料の水溶性食物繊維、デキストリン

など

  • 筋肉の成長
  • 体内環境の改善
  • 疲労回復
  • 脂肪燃焼
  • 摂取成分吸収サポート

といった、効果的で効率的な注目成分がDCC ディープチェンジクレアチンには配合されています。

プロも推奨の手軽に摂取できるオールインワンも魅力

プロテインは粉の物も多く、持ち運びや飲むのが苦手な方も少なくないでしょう。

DCC ディープチェンジクレアチンはカプセルで、3~6粒を飲むだけなので、持ち運びも便利ですし、味を心配する必要がないのも、魅力の一つでしょう。

実際にボディメイクコンテストで実績がある方や、現役のパーソナルジム代表の方なども、オールインワンのカプセルであるということに評価をしています。

また、プロのボクサーなど減量中で筋肉が必要な方が気になるカロリーも気にしなくてよいのも重要なポイントです

DCC ディープチェンジクレアチンの詳細を公式ページで確認

口コミはあまりあてにはならない

サプリメントなどは、本当に人よって効果や効能の出方が様々なので、口コミ等はあまりあてにはなりません。

私も昔は、結構口コミ等をみてはいましたが、今は気になる物は、まずは試してみるというスタンスにしました。

それでも、人は口コミが好きですからね。気になる方も多いですよね。

とりあえず1つだけ紹介しますが、DCC ディープチェンジクレアチンはまだ、発売して期間が短いので、口コミもそこまで多くはありません。

やはり、プロテインのような粉状じゃない粒状なので、飲みやすく持ち運びも楽なようですね。

また、成分も多く、トレーニングを行う本気の方にも、健康やスタイルアップの目指す方にも、理想的な効果が期待できるようですね。

あとは、公式ページの口コミ等を見ると

飲むだけで体が男らしくなってきく実感がありました。

飲むだけでスッキリしていくので。。。。

このような体験談がありましたが、これが全員に当てはまるかというと、ちょっとこれは微妙ですね。

たまたまその方には、そういう風な効果が出たのかもしれませんが。

他のサイトなどの口コミはあまりあてにはなりませんが、もしDCC ディープチェンジクレアチンを使った体験談を話たいって方はいつでも連絡をお待ちしております。

紹介していきますので。

DCC ディープチェンジクレアチンの詳細を公式ページで確認

DCC ディープチェンジクレアチンの副作用はほぼない

サプリメントメントや薬など、体に入るもには、副作用が心配という方も多いでしょう。

DCC ディープチェンジクレアチンの副作用についての心配は、薬ではなく、サプリメントメントですので、「ほぼない」と言っていいでしょう。

元々自然界にある成分や、人体で代謝されたり存在し得る物質ばかりなので心配ないと言えます。

ただし、食物アレルギーなどアレルギーの心配がある方は、必ず成分を確認しましょう

副作用というよりは、アレルギー反応が出る可能性はありますので、注意が必要です。

また、DCC ディープチェンジクレアチンのサプリメントメントに限らずですが、過剰摂取は厳禁です。

クレアチンについての副作用でもお話ししましたが、どんなに体によくても、過剰摂取における副作用のような症状などについてはないとは言い切れません

より多く摂取したからといって、効果が比例する訳ではありません。

むしろ深刻な健康被害や、逆効果になってしまう場合もあり得ます。

用法・用量は必ず守るようにしましょう。

アレルギー体質の方はもちろんですが、個々の体質などにより、効果もそれぞれでしょうし、もしかすると知らなかったアレルギー反応などの症状が出る場合があるかもしれません。

飲み始める時は、自身の体の様子を見る事がなにより大切です。

ただ、プロテインのようにおならが臭くなることはないので、その点はありがたいですけどね。

DCC ディープチェンジクレアチンの詳細を公式ページで確認

ただ飲んだだけでは効果はない

ただ、ハッキリ言うと、ただ飲むだけでは、理想の体型になるには厳しいでしょうし、1ヶ月で劇的な効果を望める方は少ないと思って頂いた方がいいです

もちろん体質によって、飲んですぐに効果抜群という方も中にはいらっしゃいますが、DCC ディープチェンジクレアチンで効果が見え始めるのは、早くて1ヶ月、遅い方だと3ヶ月位かかる場合もあります。

それくらいDCC ディープチェンジクレアチンに限らず、サプリメントは医療品ではないので、飲んですぐに効果がでるという事は、中々難しいです。

また、肉体改造する訳ですから、ただサプリメントを飲んで、運動0、食事への意識0であれば、正直、お金も時間も無駄です。

ただ何もしないで、筋肉をつけたいと思うなら、最初から何もせずに諦めた方がいいと思います。

それでも、今や男性も女性も、細マッチョな肉体美ブームとも言えますし、ある程度の肉体になれば、それなりにモテます

だらしなくなってしまった体型を改善し、ちょっとした筋トレで、少しでも筋肉を付けて、理想の体に近づきたいと思う方も多いでしょう。

苦しくならない程度に、普段の食生活を少し意識して、自分が続けられる範囲の筋トレ(自重トレなど)を行う程度で、できるだけ理想の体型に近づける成分が多く含まれているのが、DCC ディープチェンジクレアチンです。

もちろん、すでに、マッチョな方にも、成分を見ればわかる通り、オススメできるサプリメントです。

効率の良い代謝と、必要成分の補給を行い、基本的な体の働きを改善しながら、効果を期待するのがサプリメントと言えます。

本気で試すのであれば、お試し価格や期間を利用しながら、最低でも3ヶ月は飲み続け、ご自身に合った筋トレも持続してみましょう。

3ヶ月続ければ、それなりに結果はわかりますからね。

今なら1ヶ月分はお試し95%OFFで全額返金補償

DCC ディープチェンジクレアチンは、毎月300名限定で、1袋(約1ヶ月分)が、通常11,200円のところ、95%OFFの送料無料で560円という、ほぼ1コインでお試しが出来ます

ただし、このキャンペーンが適応されるのは、「ディープボディチェンジ」という、月1の定期コースで、2回目以降3回以上は購入しなければいけないシステムになっています。

2回目以降は定価の30%OFF、5回目以降は50%OFFの価格で、送料無料ですが、初回以降3回は絶対購入になります。

  • 初回→560円
  • 2回目→7840円
  • 3回目→7840円
  • 4回目→7840円

すべて税込みで送料無料なので、最低でも24,080円はトータルで掛かります。

24,080円って、一見結構な金額だと思うかもしれないですけど、4ヶ月間1日約200円負担と考えれば、1日缶ジュースを1本くらい節約すればいい金額なので、実はそこまで高い金額ではないんですよね

しかも期間限定で、90日間全額返金保証という保証サービスもついているので、ほぼ金銭面ではリスクなしで試すことができます。

全額返金保証って、会社もほとんど赤字覚悟でやっているサービスなので、本当に商品に自信が無いとできないサービスです。

今は、期間限定で行っていますが、いずれこの保証サービスもなくなると思います。

それくらい、購入者にとっては嬉しいサービスですが、会社にとっては嬉しくないサービスです。

それに92%の方がリピート買いをしている点を考えても、品質などは問題ない商品ですしね。

DCC ディープチェンジクレアチンが、ちょっと気になるなら今のサービスが終わる前に気軽に試すのもアリだと思いますよ。

電話一本で全額返金保証に必要な書類などを、すべて教えてくれて、簡単に請求することができますから。

DCC ディープチェンジクレアチンの詳細を公式ページで確認

まとめ

筋肉をつけて理想の体型を目指す方はもちろんですが、筋肉をつける為の持久力や、質の良い筋肉と、体全体の改善や調整にも効果が期待できる、DCC ディープチェンジクレアチン。

プロのアスリートも注目している成分が多く含まれています。

さらにダイエット効果も期待できる働きもあるので、とにかく、今の体型打破を目指す方にもオススメです。

まとめると

  • 筋トレ初心者の方
  • 筋トレとダイエット両方を同時にやる方
  • 筋肉が思うように付かない方
  • 手軽に摂取したい方
  • プロテインなどの粉状が苦手な方

これらで悩んでいるかたなら、十分試す価値はあると思います。

また、今までHMBやクレアチンやBCAAを単体で飲んでいた方などは、そのまま継続してもいいし、、めんどくさいならオールインワン入りのDCC ディープチェンジクレアチンにまとるのも1つの手ですよ。

DCC ディープチェンジクレアチンは誰にでも効果があるとは限りませんが、肉体改造は、試行錯誤の連続ですから、もしかするとあなたには、バッチリハマるかもしれません。

少しでも気になる方は、今のキャンペーンを上手に活用して、お得に試してみてください。

DCC ディープチェンジクレアチンの詳細を公式ページで確認