プロテインを飲んでいて、健康診断などで肝臓(肝機能)が引っかかったことが、ある人もいるのではないでしょうか??

特に中級者くらいになってくると、徐々に筋肉をつけることも難しくなり、

思わずガンガンプロテインを飲んでしまうこともあるでしょう。

しかし、あくまでプロテインは補助と考えて飲まないと、必要以上に肝臓や腎臓に負担がかかってしまいます。

今回はそんなプロテインと肝臓の問題について書いていきます。

スポサードリンク

プロテインと肝臟

photos.demandstudios.com-getty-article-108-163-166761269_XS

なぜプロテインが肝臓の負担になってしまうのかというと、肝臓の役割として物質を分解する働きがあります。

ちなみに腎臓はそれを排出する役割です。

肝臓はそれ以外にも

「代謝」

エネルギーの貯蔵

「胆汁の生成

などいろいろな働きがあります。

なので必要以上のプロテインを取るということは、分解にも時間がかかってしまい肝臓に負担がかかります。

筋肉に必要タンパク質の合成をせっかくしてくれるのに、分解などに時間をかけてしまう。

そうすると、本来の機能が発揮できないので、プロテインを必要以上に飲むと逆効果になってしまうのです。

よく肉を食べ過ぎて、健康診断で引っかかってしまった人がいます。

これは、明らかに肉の食べ過ぎが原因です。

特に、普段から肉とプロテインを併用している人に多いみたいです。

肝臓に負担をかけないためにすること

Unterleib mit Seitenstichen

では プロテインは摂らないほうがいいのかというとそうではありません。

筋トレなどを行なっていなくて、普段から十分にタンパク質を摂取出来ている人は、それにプラスしてプロテインを飲んでしまうとオーバーになってしまうでしょう。

どれくらいのプロテインを飲めばいいのかは人の体によって全然違うのでなんとも言えませんが、一回の摂取で100gなんて量はやめましょう。

そんな人は中々いないと思うし、まずそれだけの食事をするということは、相当な食費もかかります。

トップビルダーを目指すわけでもないので、普通の人はそこまで、食費にお金をかけることはまずないとは思いますが(笑)

僕の周りにも、プロテインに相当お金を払っている人がいます。

それでしっかりと筋肉がついているのであれば、問題はありませんが、そうではありません。

溝に捨てているとはいいませんが、ずっと効果が出ていないのであれば、プロテインだけが問題ではないです。

スポサードリンク

プロテイン以外のサプリを検討する

筋トレにプロテインはかなり重要ですが、肝臓が悪くなるくらいなら他のサプリメントを活用するのも1つの手段です。

その中でも注目されているのが、「HMB」という成分です。

こちらの実験では、筋トレを今まで行ってこなかった人たちが、HMBを使ってどうなるかの実験が行われて、

  • 1日に3gのHMBを摂取しながら筋トレした人
  • HMBを使わないで筋トレをした人

この2つのグループで8週間後、1日に3gHMBを摂取した人が、約2キロ近く筋肉の増量したという結果がでました

HMBは、アミノ酸のロイシンが体内で代謝されてデキる成分です。

体内で作り出すことができますが、この成分は5%しか代謝されません

しかし、ビルドマッスルHMBを摂取することで、HMBを直接摂取することが可能になります。

タンパク質は、そこまで含まれてはいませんが、BACCなどの成分は、プロテインなどよりも多く含まれています。

タブレット型なので、プロテインよりも手軽に飲むことができるのも大きなメリットです。

それに、タンパク質の過剰摂取にならないので、肝臓を痛める必要もありません。

実際に筋肉増量の効果もあったという研究結果もあるので、プロテイン以外にサプリメントを活用するのであれば、おすすめのサプリです。

>>ビルドマッスルHMBの詳細を見てみる

ただし、筋トレをしないといくらサプリメントだけ摂取しても、意味がないので注意してくださいね。

まとめ

沈黙の肝臓

と言われているくらいなので中々肝臓は悪くなっても症状がでにくいです。

少しおかしいなと感じたらすぐに医者に診てもらうようにしてください。

それならプロテインなんて飲まなくてもいいのでは思うかもしれませんが、別にプロテインを飲まなくても、必要以上に肉や魚を摂取すれば同じことです。

筋トレをしていくにはプロテインを有効活用していくことは大事だと思います。

>>おすすめのプロテインはこれ。それぞれ比較と使い分け方!

確かにプロテインがなくても筋トレがついていく人もいると思いますが、ではなぜトップのボデイビルダーはプロテインを摂取しているのでしょうか??

そう考えるとプロテインが筋肉つくりには大事なことがわかるはずです。

肝臓や腎臓の検査で引っかかってしまったら、少しプロテインや食生活を見なおして許容範囲内で摂取していきましょう。

では最後までありがとうございました^^