肩の種目でも三角筋後部を鍛える種目の一つにリアレイズという種目があります。

サイドレイズが三角筋の側面を鍛える種目でフロントレイズが三角筋の前部を鍛える種目です。

なのでこの3つのレイズ系の種目を行えば肩を満遍なく鍛えることができます。

では今回は三角筋後部を鍛えるリアレイズについてかいていきます。

スポサードリンク

リアレイズとは

9bc39496b9580a822f6af850657d6170_s

リアレイズとは肩の三角筋の筋肉でも後部を鍛える種目です。

三角筋後部のことはリアデルトといったりもします。

三角筋後部を鍛えるとより肩が大きく見えます。

そのために三角筋を鍛えるのであれば三角筋全体を鍛えていかないといけません。(中級者〜上級者の場合)

 

では次にリアレイズにやり方と注意点です。

リアレイズのやり方と注意点

1.ダンベルをもち上半身は床と平行する

2.そのままダンベルを肩の高さ辺りまであげる

3,もとの位置にもどす。

1〜3の繰り返し。

ではリアレイズの注意点です。

リアレイズを行うときの注意点としては、行なっている内に背中の僧帽筋に効いてしまい、肝心の肩に効かないといっケースがあります。

なのでリアレイズをやるときは肩甲骨を動かさないでおこなうことが大事です。

 

リアレイズはイスに座っておこなうこともできます。

まだなれない場合はイスに座って行なったほうが意識しやすいかもしれません。

 

また最初は回数などを決めておこなうよりはフォームを習得するほうが大事です。

リアレイズで肩にきかない人は背中をつかっているか腕でダンベルをあげている人がほとんどです。

 

あくまで肩であげることを意識して行なってみてください。

スポサードリンク

リアレイズのまとめ

リアレイズは効かせることができるようになるまで、難しい種目なので結構時間がかかる種目の一つです。

しっかり効かせることができるようになると、肩も大きくなって見た目も変わってきます。

 

リアレイズは先程もいったとおり座ってもできるし、うつ伏せになっておこなう人もいます。

もし初心者で体幹などがしっかりしていなくて、体がブレるようならまずはイスに座っておこなうか、うつ伏せになって行なって肩に効かせるコツを掴むのもいいでしょう。

 

なんといっても目的の部位に効かすことが筋トレでは大事なので。

では今回はこれで^^