脚の種目だとスクワットが王道の種目ですが、

大腿四頭筋をピンポイントで鍛えたい場合は、

スクワットよりもレッグエクステンションで行なったほうが、より効果がでます。

またまだ、あまり脚の筋力に自信がない人などにも、オススメの種目の一つです。

そこで今回は、大腿四頭筋を鍛えるレッグエクステンションのやり方と注意点について書いていきます。

スポサードリンク

レッグエクステンションとは

74bd8502c36db0ccad286f8d321aa9a2_s

レッグエクステンションとは、

「主に専用のマシンを使って太ももの前の部分である大腿四頭筋を鍛える」

種目です。

レッグエクステンションを行うマシンは、ほぼジムという名前のつく施設には置いてあるくらい有名なマシンです。

 

レッグエクステンションで鍛えれる大腿四頭筋は、主に4つの筋肉で構成されていて

「大腿直筋、外側広筋、中間広筋、内側広筋」

があります。

その中でも大腿四頭筋の内側の筋肉を内側広筋といいます。

この内側広筋ですが、例えばサッカーでシュートする際に使う筋肉で、サッカー選手でここの内側広筋が発達している人多いの特徴です。

自分で触って見るとわかると思いますが、膝を伸ばしたときに、この内側広筋に力が入るのがわかると思います。

 

なのでサッカー選手などにも取り入れられている種目の一つです。

今度テレビなどでサッカー選手の内側広筋を見てみてください、かなり発達しています。

レッグエクステンションのやり方と注意点

1.マシンに座り両手で指定のグリップかイスを握る

2.膝を曲げてロールの下に足首をかける

3.ゆっくりと膝を伸ばし、そのままゆっくりと戻す

1〜3の繰り返し

ではレッグエクステンションの注意点です。

マシンに座る際に自分の脚の長さに合わせて背もたれの位置を確認してください。

女性などで脚を短い人などはロールに脚がかからない場合があります。

 

それで前に来てしまうと背中浮いてしまうことがあるので、そんなときは専用のパッドなどがあると思うので調整しましょう。

次にロールに足首を入れるのですが、このときに足首ではなく足の甲にロールがくるようにしている人がいます。

これだと伸ばしたときにしっかりと大腿四頭筋にきかないので注意しましょう。

脚をのばしていくときに足首を曲げて(つま先を自分の方向に向けるイメージ)行うとより刺激が強くなります。

また、レッグエクステンションの注意点として基本的に膝を伸ばしきるのですが、ここで勢いをつけておこなってしまうと、膝を痛める危険性があります。

よくボディビルの人たちとかで少し勢いをつけていおこなっている人がいますが、あれって普通の人がおこなうと危険なので、反動をつけてのレッグエクステンションは、あまりやらないようにしましょう。

スポサードリンク

レッグエクステンションのまとめ

スクワットをやっていても大殿筋やハムストリングスは発達していたけど、いまいち大腿四頭筋は発達していないという人も中にはいます。

そんな人にこそレッグエクステンションはオススメです。

スクワットの前にやるか後にやるかは自分が鍛えたい優先順位で決めるようにしましょう。

アップの変わりにこのレッグエクステンションを行う人もいるし、スクワットで追い込んでからレッグエクステンションをおこなうひともいます。

いずれにせよピンポイントで大腿四頭筋を鍛えるにはオススメの種目なので、余裕があればメニューに入れてみてもいいと思います。

では今回はこれで^^