ディップスは大胸筋や、上腕三頭筋を鍛える種目として効果的な種目と言えます。

大胸筋を鍛えるのに、自宅では器具がないと、腕立て伏せとディップスくらいしかできません。

腕立て伏せって慣れてくると、すぐに30回なんてできるようになってしまいます。

そんなときにオススメなのが、自重でも結構負荷が大きいディップスです。

今回は自宅でもできる自重では高負荷なディップスについてです。

スポサードリンク

ディップスとは

muscle_close_up_by_n_o_n_a_m_e-d4p9jur (1)

ディップスは

「大胸筋の中でも下部に効きやすく上腕三頭筋や三頭筋」

にも効果がある種目です。

 

ディップスは自分の体重の負荷が全部かかるので、ある程度自分の体重を支えることができないと行うことが難しいです。

初心者というよりは少しスポーツをやっていた人や、腕立て伏せに満足してしまった人には効果があると思います。

やり方によっては腕立て伏せでもかなり大胸筋に効かすことができます。

 

また自宅でも少し大きめの背もたれがあるイスベランダの角などでもできます。

もし余裕で30回できるようになったら加重して行なっていくことをオススメします。

ディップスのやり方とポイント

1.少し前傾になるようにして上体を両手で支える

2.そのまま肘を曲げて深く上体をおろしていく

3.あとは元に位置まで息を吐きながら起こしていく

1〜3の繰り返し

 

ではディップスのポイントですが、前傾にすることで大胸筋により効くようになります。

前傾しないと三頭筋や上腕三頭筋にばかり効いてしまうので、大胸筋でなく上腕三頭筋や三頭筋を鍛えたい場合は、前傾しなくても問題ありません。

上体を両手で支えるのですが、この時しっかり手首が曲がらないようにしてください。

そうしないと、手首を痛めてしまうので、しっかり手首が曲がらないようにしてください。

 

あとよく脚で勢いをつけたりする人を見かけますが、それでは効果が半減してしまうので脚で反動などはつけないようにしましょう。

 

また肘は外に開くと負荷が逃げてしまうので、下ろすときも上げるときも肘は開かないようにしましょう。

スポサードリンク

ディップスのまとめ

ディップス自体はそんなに難しい種目ではないのですぐフォームを覚えることができるとおもいます。

しかし、筋力がないままディップスを行なってしまうと、肩や肘などを怪我してしまう可能性があるので、ディップスをやるときは十分に筋力を付けてから行うことをオススメします。

 

筋力がないのにちゃんとしてフォームは身につけられないので。

腕立て伏せができないならまずは腕立て伏せをできるようにして、腕立て伏せが簡単にできるようになったらディップスに挑戦してみる感じでいいと思います。

参考記事⇨腕立て伏せができない場合の筋トレ方法

参考記事⇨自重トレの王道の腕立て伏せのやり方と注意点

自宅のイスで行う時は、あくまでイスは家具でトレーニング用具ではないので、安全面には十分にきをつけて行なってください。

 

先程も言いましたが、ベランダの手摺でもできないことはないです。

では最後までありがとうございました^^