自宅トレや自重トレで腕立て伏せをやってる人も多いと思います。

しかし誰でも最初から腕立て伏せができるわけではありません。

そこで今回はそんなまだ腕立て伏せができないよという人のためにオススメん筋トレを紹介します。

スポサードリンク

腕立て伏せが出来ない人の方が多い

よくみる雑誌や本なのどでは、まず自重トレは腕立て伏せからと書いてあるものを見かけます。

確かに、自宅トレ自重トレの種目の王者に君臨しているといってのも、過言ではないくらい腕立て伏せは有名です。

でも実際周りの友達や知り合いに聞くと、半分以上の人は腕立て伏せができないという回答でした。

この時ふと思ったのです。

「もしかして腕立て伏せとかできないから、筋トレやらないし挫折しちまうんじゃね?

こう思ったわけです。

別に腕立て伏せができなくても筋トレはできるし、なんとなく自宅トレや、自重トレの筋トレってイメージで

腕立て伏せ、腕立て伏せ、腕立て伏せ」

って推すもんだから、皆

「腕立て伏せできないと筋トレにならない」

と思って勘違いしている僕の友だちも多くいました。

なので腕立て伏せができることが当たり前ではないし、べつに恥ずかしいことでもなんでもないってこと知ってもらいたいのです。

腕立て伏せができない時のメニュー

腕立て伏せができない場合のおすすめのメニューは、

  • 膝を付いた腕立て伏せ
  • 壁を使った腕立て伏せ

この3つでまずは鍛えるといいでしょう。

中には、膝を付いた状態でさえ腕立て伏せできない人もいます。

でも、やれば必ずできるようになるので、是非毎日行ってみてください。

ちなみですが、筋トレは毎日行わない方がいいって言う人もいますが、腕立て伏せくらいであれば毎日やっても問題ありません。

筋肉痛が取れていればですが。

では、早速紹介していきます。

膝を付いた腕立て伏せのやり方

これは結構雑誌や本などにも取り上げられているもので、まずは膝を付いて腕立て伏せを行う種目です。

膝を付くことによりその分負荷がかからないので、ある程度の人はできるとおもいます。

CIMG1285

まずは、肩幅より少し手を開いて、少し手はハの字にします。

この時、膝から下は付いても、付けなくてもいいですが、なるべく付けない方が負荷がかかるので、徐々に試してみてください。

CIMG1290

そこから、状態をおろしていくのですが、しっかりと胸が床に付くくらいまで状態を落とすようにしてください。

ここで、中途半端に下まで降ろさないと、効果が半減してしまうので、ギリギリまで下ろすようにしてください。

CIMG1299

あとは、なるべく早く上体を起こしてFinishになります。

上体を下ろすときは少し、ゆっくりとおろして負荷をかけながらおろして、上体を起こすときはなるべく早く上げるようにしてください。

筋トレでは、このメリハリがすごく大事です。

膝つき腕立て伏せの注意点とポイント

  • 背中を反りすぎない
  • 腕のちからに頼らない
  • 急いでやらない
  • 回数が30回を超えたら腕立て伏せに挑戦する

また膝つき腕立て伏せのポイントは、腕をおろしていくさいにそのまま真下に頭を落とすと肩が上がってしまい、十分に胸に効かなくなるので、少し斜め前におろすイメージでやるとスムーズに下ろすことができます。

これができるように慣ればきっと腕立て伏せが1回でもできるようになるはずです。

壁を使った腕立て伏せ

次は壁を使った腕立て伏せのやり方です。膝をついてもできないという人はこちらを試してみてください。

僕の嫁さんも最初は筋力がなさすぎて、膝をついての腕立て伏せすらできませんでした。

なのでまずはこちらの壁を使った腕立て伏せを数週間やってもらった後に、

徐々に膝を使った腕立て伏せにシフトをしていきました。

すると徐々に膝をついての腕立て伏せもできるようになったので、やはりできることから無理をしないで徐々に行なっていった方がいいと感じました。

壁を使った腕立て伏せのやり方

もし膝つき腕立て伏せできない場合はこちらをおすすめします。

壁で腕立て伏せをするといったもので、これは本当に低負荷なのでたぶん誰でもできると思います。

やり方は壁の前に壁に向かって腕立て伏せを行うものです。

CIMG1280

まずは壁に手をついて、正面を向きます。

CIMG1281

そこから、なるべく腕の力を使わないで、上体を倒していきます。

上体を倒してたら、あとは元の位置に戻すだけです。

壁を使った腕立て伏せの注意点とポイント

  • ギリギリまで上体を倒す
  • 腕のちからに頼らない
  • 胸の筋肉を意識する
  • 回数ができたら膝を付いた腕立て伏せに移行

注意点は手の幅が狭すぎると、肩への負荷が多くなり痛める可能性もあるので気をつけてください。

またあくまで自分の腕と胸を使っていること意識して行わないと、この種目はだたの押して引いての作業になってしまうので、もし簡単にできたら膝つき腕立て伏せに移行することをおすすめします。

スポサードリンク

それでも腕立て伏せができない人

上記の筋トレをしても、やはり腕立て伏せができない人は、むしろ腕立て伏せに問われなくもいいです。

体を鍛えることは、ぶっちゃけ筋トレ以外でもできます。

特に、女性では筋トレをすること自体が、苦手という人もいるでしょう。

でも、綺麗でプロモーションがいい体を手に入れるには、体を鍛えないといけない。

確かに、筋トレをしたほうが、結果も早いですし、おすすめはしてますが、やりたくないことは続きません。

嫌々筋トレをしていても、結局挫折してしまうんですよね。

僕自身は、筋トレに興味があるからできてますけど、興味がなかったら続いていないですし。

体を鍛える方法は、別にヨガ、ボルダリング、ホットヨガ、ダンス、球技などのスポーツでも鍛えられます。

フィジークとか、ボディビルの大会などにでるのであれば、筋トレは必須ですが、ある程度引き締まった体などがほしいのであれば、筋トレ以外でも十分手に入れることはできます。

ボルダリングなんかは、今若い世代の人には人気があるスポーツですし、女性であればホットヨガなんかもいいですよね。

レスパスであれば、そんな人気があるヨガ、ホットヨガ、ボルダリングなどのレッスンが500以上もあり、選び放題で通い放題です。

今なら1ヶ月間が実質無料で試せるキャンペーンを行っています。

普通のジムに通ったりするのでも、10,000円はかかるので、それを考えればいろいろなスポーツをできるレスパスの方がいいですよね。

スマホで簡単に予約をすることができますし。

レスパスの口コミ・評判まとめ。メリットとデメリットを検証

別に腕立て伏せができなくても、体は鍛えることができます。

それには、まず自分で好きなスポーツなどを見つけることが1番です。

それで、やっぱり筋トレが自分にあっていると思えば、筋トレをすればいいだけですし。

とりあえず、いろいろと試してみるということが、体を変えるキッカケの第1歩ですよ。

好きなこと見つけて見たい人は、1ヶ月間は無料なのでレスパスを試してみてはどうでしょうか?

▼1ヶ月無料のキャンペーンの詳細をみてみる▼

腕立て伏せができない人のまとめ

今回は腕立て伏せが出来ない人のために負荷の小さいものをあげて紹介しました。

この筋トレを続けることによって、少しずつ少しずつ腕立て伏せができるようになってくるはずです。

ただ無理をしてめちゃくちゃなフォームで腕立て伏せを行なってもなんの意味もありません。

最初は本当に1回でもできるようになるだけでもいいです。

きっと1回できるようになったら少しすづつ筋トレの面白さがわかってくるし、その1回できるようなったらあとは、すぐに10回なんか出来るようになりますよ。

また、腕立て伏せができないのは、単純に圧倒的に筋肉量が足りていないことも原因の一つにあります。

ガンガン筋トレをやれば、それなりに筋肉量が付きますが、筋トレ初心者なら、筋肉量が2キロもの差がでる成分のHMBを多く含んでいるサプリメントを摂取することで、効率良く筋肉をつけることができます。

ビルドマッスルHMBは副作用ヤバイ!?効果なしの評判をぶった斬り

ビルドマッスルHMBは、プロテインのように粉状ではなく、タブレット型のサプリメントなので、持ち運びも楽で手軽に摂取できます。

プロテインだとシェイカーも一緒に持ち運びしないと行けないので、手軽にってわけにはいかないですからね。

それに、プロテインを飲み過ぎると肝臓やおならが臭くなることもありますし。

どうせ同じ筋トレをするのであれば、このようなサプリメントを活用するのは全然有りだと思いますよ。

2キロの筋肉をつけるってガチで難しいですからね。

絶対に必要なわけではないですけど、腕立て伏せをやりつつ同時に効率良く筋肉を付けたい人は、取り入れた方がより効果を実感できるはずです。

>>ビルドマッスルHMBの詳細を見てみる

もし腕立て伏せが出来なくて、筋肉量を増やしたいのあれば、参考にしてみてください。