背中の筋トレも様々な種類の種目がありますが、上級者の人も取り入れている背中の種目の一つにベントオーバーローイングという種目があります。

 

基本的にはバーベルを使って行いますが、ダンベルでもできなくはありません。

 

僕もたまに取り入れている背中のトレーニングの一つです。

 

そこで今回は背中の筋トレのベントオーバーローイングのやり方と注意点について書いていきます。

スポサードリンク

ベントオーバーローイングとは

Barbell_row

ベントオーバーローイングは主に背中でも、広背筋、大円筋、三角筋後部、上腕筋、上腕二頭筋、僧帽筋、 菱形筋などを刺激できるトレーニングです。

 

特に広背筋と大円筋を刺激できるので背中に広がりがほしいという人がよく取り入れている種目の一つです。

ダンベルでもできるのでもし自宅でダンベルしかないという人でもできます。

 

しかしこのベントオーバーローイングは行なってみるとわかると思いますが、結構難易度が高い筋トレです。

特に初心者の人などは背中にきかせるというのがイマイチわかっていない人が多いので、

ベントオーバーローイングを行なっても背中に効いている感じがしないという人もいます。

 

それくらい難しい種目の一つです。

しかし、しっかりとフォームを身につけて行うことができれば、

背中の鍛えるにはオススメの種目なのでできれば徐々に取り入れてほしいです。

ベントオーバーローイングのやり方と注意点

1.肩幅くらいに足を広げて前傾させる

2.バーベルを肩幅より少し広めに握る

3.そのままお腹辺りまでバーベルを引き上げる

4,ゆっくり元の位置にもどす

1〜4の繰り返し。では注意点です。

ベントオーバーローイングで一番気をつけないといけないのが、絶対に背中を丸めないことです。

これは上級者の人でもたまに見かけるのですが、背中の種目は結構高重量を扱える種目が多いです。

 

そしてこのベントオーバーローイングもある程度高重量を扱うことができるのですが、高重量になるほど負荷に耐えられなくなりトレーニングの途中で背中を丸めてしまう人がいます。

 

これは腰を痛める原因なり、怪我につながるので絶対に背中は丸めないでください。

背中が丸まってしまうということは明らかに重量をコントロールできていない証拠なので、その時は重量を落としてやるようにしましょう。

 

その他の注意点としては、ベントオーバーローイングはなるべく斜め後ろに肘で引くということをイメージしながら行なってください。

背中に効かせることができない人は腕でバーベルを引いてしまっているパターンが多いです。

ベントオーバーローイングでバーベルを引く際は肘で引くということを常に意識しながら行なってみてください。

 

そうすると徐々に肩甲骨の寄せ方などもわかるようになってくるはずです。

またバーベルを持つ手は基本的にはオーバーグリップ(順手)で行いますが、中にはリバースグリップ(逆手)で行なっている人もいます。

 

これはどちらも行なってみて背中に効かせやすい方で行なってください。

中にはオーバーグリップじゃないとダメという人もいますが、人によって効き方などは違ってくるので、もしリバースグリップの方が背中に効かせやすくていいという人は、リバースグリップで行なってもいいでしょう。

スポサードリンク

ベントオーバーローイングのまとめ

ベントオーバーローイングはフォームを習得して、背中に刺激を与えているという感覚をつかむまでは時間がかかると思います。

 

それくらい難しい種目だと僕は思いっています。どうしても高重量になってくると効いていると感覚が鈍ってきてしまうことがあります。

 

あくまで筋トレは効かせる、刺激するということが基本で、効かせることができる最大の重量を扱うことが大事です。

 

なのでベントオーバーローイングにしても重さにこだわるのではなく、いかに筋肉に効かせることができるかを考えながら、フォームなどを習得するようにしましょう。では今回はこれで^^