背中を鍛えるといったら懸垂に並びデットリフトは欠かすことのできない種目の一つです。

ただしっかりとしたフォームを最初に身につけないと腰を痛めてしまう種目でもあります。

今回は背中の筋トレのデットリフトのやり方と注意点です。 

スポサードリンク

デットリフトのやり方

デットリフトは主に脊柱起立筋(背中の体幹部)大殿筋(おしり)大腿四頭筋(太もも)ハムストリングス(太もも裏)に効く筋トレです。

ではデットリフトのやり方です。

1.バーベルを握る幅は足幅より少し広いくらいにする。

2.足は肩幅程度に開き、顔は正面を向いたままにする。

3.背中を丸めないように胸を張りって膝を曲げながらおしりを突き出すようにする

4.バーベルは足の真ん中くらいから持ち上げるようにする。

5.そのまま肩甲骨を引き寄せるイメージでアーチをに描くように上体を起こしていく。

6.上体をあげたら胸を張り、背中を軽く反る。

7.同じ軌道で床すれすれまでおろす。

 デットリフトのポイントと注意点

最初は必ず軽い重量から初めてしっかりフォームを身につけることを重点においてください。

持ちかたは基本はオルタネイトグリップで持つことが多いですが、

オーバーグリップでも問題はないのでやりずらい場合はそっちでも大丈夫です

顔はずっと正面をむいたままにしないと絶対に背中が丸まってしまうので顔はずっと前をむいたままにしましょう。

またあげる際はすね→膝→太ももにこすような

イメージであげるとよりあげやすいです。

あと必ず守ってほしいのは絶対に背中を丸めることはしないでください。

必ず腰を痛めてしまいます。

胸を張る、腹筋に力をいれる、背中にアーチ

を描くことを強く意識してください。

スポサードリンク

デットリフトまとめ

デットリフトは背中を鍛えるには効果的な種目である反面無理に行なってしまうと、

怪我に繋がってしまう可能性が大きい種目です。

ジムで無理をしている人って、フォームがしっかり固まっていない人がほとんどです。

 

デットリフトは高重量を扱うことができる種目なので

「俺はこんなに重い重量をあげれるんだぜ!!」

みたいな顔してやっている人とかいますが、そんな人に限ってフォームがめちゃくちゃです。

 

デットリフトは背中の中でも特に重要な体幹部を鍛える種目なので尚更正しいフォームで行わなければなりません。

高重量=筋肉が付くではないということは常に意識してください。

では最後までありがとうございました^^