大きく盛り上がったちからこぶって男性にとって憧れですよね??

 

あのシャツから出る太い腕になりたいと思っている男性も多いと思います。

 

そんなちからこぶの二頭筋を鍛えるのにおすすめの1つがバーベルカールです。

 

他にも上腕二頭筋を鍛える種目はありますが、もしバーベルがあるならこのバーベルカールだけでもいいくらい上腕二頭筋に効く筋トレです。

 

そこで今回ははバーベルカールのやり方について書いていきます。 

スポサードリンク

バーベルカールのやり方

15396-a-healthy-young-man-lifting-weights-in-a-gym-pv

バーベルカールでは主に上腕二頭筋と前腕がきたえられます。

 

バーベルカールは基本的に反動を使わないでバーベルを降ろすネガティブ重視で効かせることで効果があります。

 

チーティングという反動を使うやり方もあるのですが、それは上級者や慣れてきてから行うことをおすすめします。

 

では立ち位置ですが肩幅くらいに足を開きます。

 

シャフトの持ち方は基本は逆手で行なってください。

 

順手にしてしまうとまた違う筋肉を鍛えることになってしまうので二頭筋にうまく効かせることができません。

 

またこの時のシャフトの手幅についてですが広く握ると二頭筋の内側に効き、狭く握ると外側に効きます。

最初のころはよくわからないと思うので、大体脇腹から1センチくらい開けた位置でシャフトを持つといいでしょう。 

ここから持ち上げるのですがなるべく肘の位置は変えないように意識して行うようにしてください。

 

持ち上げてたらここでしっかり力こぶにちからを込めて思い切り収縮させます。

 

そしてそこからゆっくりとおろしていくのですが最後まで伸ばしきらずに少し肘を曲げたままににして力を抜かないようにしましょう。これでワンセットです。

 

バーベルカールの効かせるポイントと注意点

バーベルカールの握りかたなのですが、なるべく小指と薬指と中指の3つで握るようにしてくだい。

 

やってみるとわかるのですが、全部指で思い切り握ってしますと腕に力が入ってしまい肝心の力こぶに効かせることができません。親指と人差し指は軽く添える感じでオッケイです。

 

次に上げるときなのですが、前腕を上にあげる感じでやるとより力こぶを収縮することができます。

 

結構これを意識してやっている人が少ないと思うので意識して見てください。

 

ただ気をつけてほしいのが前腕と一緒に肩も上がってしまうことです。

若干あがるくらいなら問題はないのですが、あまりに上がってしまうと二頭筋に効かなくなるので気をつけてください。

 

最後に下ろすときなのですが、最後まで伸ばすとそこでせっかくに緊張がなくなってしまい負荷が逃げてしまいせっかくのフィニッシュが台無しになってしまいます。

 

最後の最後のまで二頭筋の力を抜かないようにしてください。

スポサードリンク

バーベルカールのまとめ

僕はカール系の種目はあえて20回〜30回できる重量で行なっています。

 

とくにバーベルカールに関しては結構重い重量ももつことができますが、高重量でやっているとしっかり二頭筋に効かすことが難しくなります。

 

上級者になればチーティングといった反動を使ってうまく効かせることができますが、反動をつかうことで怪我をしてしまうケースもあるのでまずは反動を使わないやり方で行なっていくことがいいでしょう。

 

バーベルカールは二頭筋を鍛えるのには最適の種目の1つです。

 

自分なり慣れてきたら手幅などをかえて行なっていくのもいいとおもいます。

 

ボコッとでた二頭筋をめざしていきましょう。

では最後までありがとうございました^^