腹筋は自重でもしっかり効かすことができていれば問題のない種目です。

ですがそんなときでもあえて器具を使って腹筋をおこなう事でいつもと違う刺激を与えることができれば腹筋もより発達するでしょう。

そんなときにオススメの器具としてアブローラーがあります。

コロコロといったほうがわかりやすいかもしれません。

今回はそんなアブローラーことコロコロを用いた腹筋の筋トレのポイントについて紹介していきます。

スポサードリンク

アブローラーとは

images (28)

アブローラーとは一般的には腹筋ローラーコロコロと言われることが多いです。

たぶん少し大きなスポーツセンターなどにいけば1つ1000円程度で売っているのでみたことがある人もいるでしょう。

このアブローラーですが、やったことがある人ならわかると思います。

たぶん初心者のひとがいきなりやってしまうと

すぐに筋肉痛になるかできないと思います。(笑)

それくらいやり方を間違えなければ効果的な腹筋の種目です。

ではこのアブローラーのやり方と注意点について説明していきます。

アブローラーのやり方

1.スタートポジションでは背中をまるめる

2.そのまま腕を伸ばしていき限界まで伸ばす

3.ゆっくり元に戻す

1〜3の繰り返し

ではアブローラーの注意点やポイントを説明していきます。

スポサードリンク

アブローラーの注意点

まずアブローラーをやったことのない人は膝を付いてできるか試してみましょう。

このときに腕の力などに意識がいってしまっていては、腹筋に効かすことができないのでその場合は無理に行わないで違う種目で腹筋を鍛えていきましょう。

そして徐々に試していってできるようになったら、レップやset数を増やしていきましょう。

ただし、結構コロコロもできるようになるのにそんな期間がかからないと思います。

そうなった場合は膝をつかないコロコロを試してみてもいいでしょう。

多分一回もできない人が多いと思います。

僕も膝つきコロコロから膝をつかないコロコロに移動したときは腕の力ばかりに頼ってしまっていたので、うまく腹筋に効かすことができないでいました。

またアブローラーを行なっていてよくあるのが、途中で腹筋の力を抜いてしまうことがありますが、アブローラーを行なっているときは絶対に力を抜かないようにしましょう。

アブローラーのまとめ

別にしっかり腹筋に効いているなら膝をつかないコロコロで行わなくてもいいかもしれませんが、たまに挑戦してどちらも交互に行なっていくのがいいのかなと思います。

アブローラーに命をかけているなら別ですが、そんな人はいないはずです(笑)

あくまで新たな刺激をいれる意味で、行うことを目的に行なっていくといいと思います。 

だからって手をぬくわけではないので勘違いはしないように。。

では最後までありがとうございました^^

参考記事⇨腹筋ローラーで筋トレ!腹筋を割るために効果がある道具