ハンギングレッグレイズは、懸垂をするようなぶら下がれるところがあれば、どこでもできるオススメの腹筋の種目です。

なのである程度クランチなどに飽きてきたり慣れてきたら行うといいでしょう。

僕もたまにですが、クランチや普通のレッグレイズのあとにやったりしています。

今回はハンギングレッグレイズのやり方と注意点について書いていきます。

スポサードリンク

ハンギングレッグレイズとは

ハンギングレッグレイズとは、

「なにかにぶら下がりながらレッグレイズをする」

腹筋の種目の一つです。

主に鍛えられる部位は腹筋でも下部に効果があります。

ジムなどにいってもあまり教えられていない人が多いのが、

やっている人は少ないかもしれませんが、

しっかりやりこめばかなり腹筋に効くやり方なので是非取り入れてみてください。

では次にハンギングレッグレイズのやり方と注意点です。

ハンギングレッグレイズのやり方と注意点

1.バーにぶら下がる

2.両足は伸ばしたまま足をあげる

3.両足がつかないようにもどす

1〜3の繰り返し。

ではハンギングレッグレイズの注意点を説明していきます。

バーにぶら下がる際に結構握力を使うのでパワーグリップなどをつかってやると腹筋に集中できるのでオススメです。

2で両足を伸ばしたまま上げていくのですが、この時背中を丸めるイメージでやると腹筋を収縮させることができます。

少しイメージがわかない人は膝を胸に近づけるイメージでやるといいでしょう。

最初の頃は足を伸ばしたままだとかなり強度が強いので、出来ない場合は膝を曲げて行なっても構いません。

そして徐々にできるようになったら足を曲げて天井につける勢いでやってみてください。

強度が増します。

ただし膝を曲げてもできない場合は、腹筋がまだ全然鍛えられてないので、ハンギングレッグレイズをやる前に普通のレッグレイズで鍛えてからにしましょう。

またハンギングレッグレイズをやっている人をみると身体がブレブレの人がいるので身体がブレないようにすることも意識しましょう。

スポサードリンク

ハンギングレッグレイズのまとめ

ハンギングレッグレイズは足を曲げるか、伸ばすかでも強度が変わってくるので、自分のレベルに合わせることができるのでオススメです。

腹筋は回数を決めて行うより毎回限界まで行うことが大事だと思っています。

限界まできたら少し休んでまた限界の繰り返しで僕は行なっています。

もしハンギングレッグレイズで足が上がらなくなってきても、そこで辞めずにひざを曲げて行なって追い込むのがいいでしょう。

このように回数で決めてやらずに限界を意識して行なってみてください。

最後までありがとうございました^^