筋トレに関わらず継続するということはすごく重要なことでもありますが、

それ以上に大変でもあります。

 

「継続は力なり」

という言葉ありますがその通りだと思います。

何かしらで結果を出している人はしっかりと継続している人が多いです。

 

これは筋トレやダイエットを行なっていても当てはまることです。

そこで今回は筋トレを途中で挫折してしまう理由について書いていきます。

スポサードリンク

生活のリズムやパターンが変わる

人にはある一定の生活リズムやパターンがあると思います。

仕事をしてる人なら9時〜18時までは仕事で土日が休みとか、

学生なら8時半〜16時くらいまで学校で、

それから部活やサークルがあり帰宅が20時とか様々だとおもいます。

 

その一定の生活のリズムやパターンが変わったりしてしまうと、

今まで行なってきた筋トレができなくなる可能性があります。

 

新たな生活のリズムやパターンがある程度決まって、

それからまた筋トレをはじめられればいいのですが、

よほど筋トレが趣味だったりしないとそこからの復帰は中々難しいと思います。

できることなら生活リズムが変わっても少しでもいいので、

1〜2週間に一回くらいは筋トレを継続することをオススメします。

 

以前のように筋トレができなくても、

筋トレを全くやめてしまうのと少しでも、

筋トレをして筋肉を刺激しているのでは、筋肉の落ち変わってきます。

 

筋肉や筋力を維持するだけなら、

先程いった1〜2週間に一回くらいでも大丈夫だと言われています。

なので完璧にやめてしまうのではなく少しでもいいので、

筋トレを行うようにしましょう。

思うような効果や結果がでない

woman-506120_640

これが一番のやめてしまう理由の一つだとおもいます。

筋トレは効果や結果がでるまでは時間がかかります。

筋トレの初めのころは体が慣れていないので、

筋トレをすることで筋肉に与える刺激が多くなるので成長もしやすいのですが、

これが徐々に筋トレを行なっていくと中々筋肉が発達しない停滞期を迎えます。

関連記事 筋トレで停滞期を迎えた時の対処法

 

中には素質があり、ずっと成長するという人もいますが、

普通はどこかで壁にぶち当たってしまいます。

その壁を超えることができなくなり、

結局思うように効果や結果がでなくなってやめてしまう人が多いのです。

筋トレで効果や結果がでないなんてことはたくさんあります。

しかしそこで辞めてしまうのではなく、

いかにその壁を超えていくかを考えることが大事です。

 

確かに簡単ではありませんが、

一度1〜2週間くらい休んでみたり、

気晴らしに違う種目を行なってみたりすると、

案外超えることができて乗り越えることができることもあります。

なので結果がでないからといってすぐに諦めるようなことはしないでください。

スポサードリンク

まとめ

筋トレは積み重ねが大事です。

素質があったり、元々体質などにも恵まれている人は、

なにを行なっても結果が出る人もいます。

 

しかしそれは本当に稀なことで、

普通の人が筋トレを行なっていけば、

すぐに効果がでたり結果がでることはありません。

 

もしすぐに結果でるなら今頃みんな理想の体になれますよね?

しかし現実はそんなことはないです。

効果や結果がでないのは、

筋トレのやり方などが間違っている可能性もありますが、

少し精神的な部分で効果や結果がでないこともあります。

 

一度辞めてしまうと中々復帰することも難しくなると僕は思っているので、

少しやめようかなと考えている人は完璧にやめるのではなく、

少し今までより頻度が落ちても続けていってほしいと思います。では今回はこれで^^