徐々に梅雨もあけて、本格的な夏が到来って感じですよね―。

今年も相変わらず暑いです。

個人的には、外仕事が多いため、この時期の仕事はガチで行きたくないのが本音です。

余計に年をとるほど、この夏というのがイヤになるは僕だけではないはず。たぶん。

そんな夏ですが、この夏に向けて筋トレ、ダイエット、減量をしてきた人もいるでしょうし、今急いで筋トレやダイエット、減量をしている人もいるでしょう。

今から行って、果たして夏までに間に合うかどうかは、微妙ですが、真夏に筋トレやダイエット、減量をする際に、注意してほしいことがいくつかあります。

ここではそんな、真夏に筋トレやダイエット、減量をする際の注意点を紹介していきます。

未だに勘違いをしている人がいるので、注意してくださいね。

スポサードリンク

真夏に筋トレを室内と外でやる場合の注意点

NKJ56_kasenjikinokouen_TP_V

基本的には、ジムや家の中など室内で筋トレを行っている人がほとんどだと思います。

しかし、何かしらの理由があって外で筋トレをしている人もいるはずです。

そこで、それぞれの場所で真夏でやる場合の注意点をいくつか紹介します。

特に、筋トレ初心者の方はがむしゃらにやることが多いので、気をつけてくださいね

筋トレはなるべく外ではやらない

私は、普段はジムに通っているので、筋トレを外で行うということはほとんどありません。

しかし、ジムに通えない人や自宅でも器具が置けなくて、外で筋トレをしている人もいるでしょう。

真夏以外であれば、別に外で筋トレを行っても問題はありませんが、真夏はできれば辞めましょう。

特に、気温が上がる昼から午後にかけての時間帯は、避けるようにしてください

どうしても、外でしか筋トレができない場合は、朝か日陰がある場所などを選んで行ってください。

室内で筋トレするならエアコン

室内で筋トレをする場合ですが、こちらは30度は超えないように温度調整するようにしてください

熱中症がありますが、あれって外にいなくても室内でもなることがあります。

筋トレ中は普段よりも汗の量が多くでるので、室内だろうが熱中症になる確率は高くなります。

急激に温度を下げる必要はありませんが、なるべくエアコンなどで温度調整をして、筋トレをしてください。

エアコン代を気にする人がいますが、もし熱中症などで倒れた場合は、その分お金がかかってしまうので、意味がありません。

もし、エアコンが無い場合は、こちらも昼などにはやらずに朝や夕方などの時間帯に行うようにしてください。

真夏にダイエット・減量をする際の注意点

では、次に真夏にダイエットや減量をする際の注意点をいくつか紹介していきます。

真夏にダイエットや減量をするのは、別に問題はありません。

しかし、間違った方法や自己流の間違った方法で行うと、ガチで危険です。

真夏は汗で体重が落ちることがほとんど

ダイエット=真夏」というイメージがある方も多いと思いますが、実はそんなことはありません。

確かに、真夏は汗がでるので、体内の水分の量自体が減るので、その分体重は落ちます。

しかし、汗で水分がなくなっているだけなので、水分を摂取すれば元の体重に戻ります。

ダイエットをするには、汗をたくさんかかないといけないと勘違いをして、長袖などを着ている人がいますが、絶対にやめてください。

サウナスーツも同じです。

例えば、体重制限がある競技をおこなっているボクサーや格闘技の選手などであれば、最後に体重を減らすために、サウナスーツなどを活用する場合もあります。

しかし、あれはあくまでも汗を多くだして、体重を減らしているので、根本的なダイエットや減量にはなってはいません

未だ、真夏の35度くらいに長袖で、ランニングやジョギングをしている中年の男性などはいますが、ガチで危険なので辞めましょう。

有酸素運動は軽めに

ダイエットや減量には、有酸素運動は有効です。

しかし、真夏にはそこまで有酸素運動はやらなくてもいいかなと私は思っています。

そもそも、しっかりと筋トレをして食事制限をしていれば、自然と体重は落ちていきますし、見た目も変わってきます。

有酸素運動は、ダイエットや減量の手助けをしてくれますが、必須の運動ではないと思っています。

ただ、それでも筋トレ後などに有酸素運動をやると、普通に有酸素運動をやるよりも、脂肪燃焼効果が期待できるので、ダイエットや減量を急いでいるのであれば、行ってもいいでしょう

行う場合は、そこまで強度を上げずに、軽く汗がかくくらいでも問題ありません。

個人的には、真夏に有酸素運動を行うなら、室内でエアロバイクかウォーキングがおすすめです。

もし、外で有酸素運動を行うなら、朝や夜などできるだけ涼しい時間帯で行うようにしてください。

そうとはいっても、真夏だと朝でも夜でも30度以上になっている場合があるので、その時は無理しないようにしてください。

スポサードリンク

水分は補給は必須

その他の注意点としては、必ず水分補給はするようにしてください。

私は、ジムに行くときも専用の水筒を持っていきますし、足りない場合は自販機で買う場合もあります。

お腹がタプタプになるくらい、飲む必要はありませんが、筋トレ中も有酸素運動中もできれば、こまめに水分は補給するようにしてください。

また、筋トレや有酸素運動を行うと汗と一緒に塩分も失われるので、余裕があれば塩分も一緒に摂取するといいでしょう。

塩飴やタブレットは、気軽に摂取できるのでおすすめです。

ただし、塩分は摂取のしすぎもよくないので、あくまでも大量に汗を書いたときだけにするようにしてください。

まとめ

最近の真夏は本当におかしいんじゃないかってくらい、暑い日が多いです。

地域によっては、37度など計測するなど、すでに人間の体温を超える温度をなる地域もあります。

筋トレなどの運動をすることは、体にとってとても良いことです。

しかし、暑い中、無理に運動して倒れてしまっては本来転倒です。

これから、真夏に筋トレやダイエットをする方は十分に気をつけておこなってください。