普段ジムに通いたいけど通えない

ジムに通うお金がない

近くにジムがない

こんな人は自宅で筋トレをしているという人も多いでしょう。

ジムにいくことでのメリットのたくさんありますが、すべての人が通えるわけでもありません。

特に地方に住んでいる人だと、都会に住んでいる人に比べて、圧倒的にジムの数が少ないです。

僕は地方に住んでいて、たまに東京などに都心の方にいくことジムの多さにびっくりします。

あれくらい身近にジムがあれば通いやすいのになーって、いつも都心にいくと思います。

地方の場合だと、車で片道30分以上かかることなんて普通ですからね。

そんな理由などで、自宅で筋トレを行なっている人も多いと思いますが、自宅で筋トレを行う場合でも、ジムで筋トレを行う場合でも効率よく筋トレはしたいものです。

そこで必要になるのが、筋トレ器具です。

器具を使わなくて、自重でも筋肉はつけることができますが、ある程度筋トレ器具があった方が効率よくなります。

そこで今回は、自宅トレをやるなら揃えておきたいオススメの筋トレ器具について書いていきます。

必ず揃える必要はありませんが、できればあったほうがいいです。

効率を考えればですよ?

スポサードリンク

自宅トレに筋トレ器具は必要な理由

cat-206981_640

自宅トレを行う場合に、筋トレ器具は必要かどうかですが、筋トレ器具があったほうが効率よく鍛えることができます。

健康のために少し鍛えているとか、それくらいであれば、そこまで筋トレ器具は必要ないかもしれません。

でも、あった方が筋トレをするには便利なので、最低限の筋トレ器具は揃えた方がいいです。

というか、しっかりと、筋トレで肉体を鍛えたいのであれば、揃えてください。

特に長期間やると決めているのであれば尚更です。

人ってずっと同じことをやってると、途中から飽きてきてしまうんですよね。

これは筋トレも同じで、毎回同じ筋トレのメニューばかりを行なっていると、途中で必ず飽きてしまいます。

そうなると、筋トレを続けることができなくなってきます。

筋肉もたまに違う刺激を入れる事が大事。

違う刺激を与えることで筋肉の成長します。

だからこそ自宅トレを行う場合でも、ある程度筋トレ器具はあった方がいいのです。

本格的な器具も可能であれば揃えたい

自宅で筋トレを行う人のことをホームトレーニーといいます。

本格的に鍛えている人でホームトレーニーであれば、パワーラックなどの本格的な筋トレ器具を揃えているホームトレーニーもいます。

「筋トレ命!!」

という人は、そこまでガッツリと揃えて貰って、筋トレをガンガンしてください。

むしろ、それくらいの方が早く結果で出るでしょう。

そこまで目指していないのであれば、パワーラックは将来にして、せめてこれだけは揃えてください。

では紹介していきますよ!

スポサードリンク

自宅トレにオススメの筋トレ器具

取り敢えず自宅トレをするなら最低限揃えたい筋トレは器具は

  • ダンベルセット
  • ベンチ
  • 腹筋ローラー
  • プッシュアップバー
  • ヨガマット(防音マット)

この5つです。

この他にもし場所とお金に余裕があるのであれば、チンニングスタンドなどもおすすめです。

ガチで筋トレが好きで自宅トレを行なっている人は、間違いなく持っている器具です。

これで、ガッツリ背中を鍛えることができますからね。

僕も、自宅トレやるなら、買います。即決です。

それくらい、パフォーマンスは高いです。

本気の人は是非買ってください。

ダンベルセット

自宅トレでダンベルがあるだけ、できる筋トレ種目が増えます。

僕も自宅トレで筋トレをしていたときは、真っ先にダンベルは購入しました。

自宅トレでは、自重トレを行なっている人もいると思いますが、今まで筋トレを行なってこなかった人の場合、自重トレ自体ができないことがあります。

そんな人などは、ダンベルがあるだけで、できる種目が増えます。

筋トレだと自重トレが、最も簡単みたいに思われてますけど、実際に自重トレができない人はたくさんいます。

特に女性とかは。

あと太っている人ね。メタボの人。

とりあえず腕立て伏せとか出来ない人は速攻で、ダンベルは用意してください。

ちなみにダンベルを選ぶ際は可変式のダンベルを購入してください。

可変式のダンベルも様々な種目がありますが、今はワンタッチで重さが変えられるダンベルもあります。

普通の可変式のダンベルに比べると、値段が高いですが、わざわざ1枚1枚プレートを取り外すことがないのでオススメです。

ダンベルの重さなどについてはこちらを参考にしてください。

参考記事⇨自宅で使えるオススメのダンベルの重さ

参考記事⇨ダンベルが筋トレには必須のアイテムなわけ

こちらは、ダンベルのメニュー。

参考記事⇨自宅で筋トレ!ダンベルを使ったオススメのメニュー決定版

ベンチ

ダンベルを購入するなら、フラットベンチやインクライベンチもあると、できる筋トレの幅が広がります。

特に胸の種目をやるのには、必須の筋トレ器具になります。

他の種目ではダンベルだけでもできなくはないですが、胸の種目だけはベンチがあった方がいいです。

胸を鍛えない人はいませんよね?

フラットベンチかインクライベンチかですが、いろいろできるのがインクライベンチなので、できればインクライベンチをオススメしますが、フラットベンチでもいいです。

必ずどちらかのベンチは揃えることをオススメします。

腹筋ローラー

腹筋ローラーも自宅トレを行うのであれば、必須のアイテムです。

恐らく腹筋ローラーを使いこなすことができれば、かなり腹筋力はつきます。

腹筋ローラー自体は1つ1000円程度で買うことができるので、1000円であれくらい腹筋を鍛えることができるのであれば、コスパ最強です。

立ちコロなんて、マジできついです。やばいです。

参考記事⇨腹筋ローラーで筋トレ!腹筋を割るために効果がある道具

参考記事⇨腹筋をアブローラことコロコロで鍛えてみる

プッシュアップバー

これは腕立て伏せをより効かすことができる筋トレ器具です。

自宅で自重トレで腕立て伏せをやる人も多いと思いますが、最初の頃はキツくても徐々に行なっていくと、簡単にできるようになります。

そうなると筋肉への負荷が小さくなります。

プッシュアップバーを使うとより深くまで、胸を下ろすことができるので、胸への負荷が大きくなります。

僕の場合は、ダンベルプレスやダンベルフライなどの種目をやってから、プッシュアップバーなどを使って更に追い込んだりしていました。

値段もそこまでしないので、これも一つはあると便利です。

ヨガマット(防音マット)

ヨガマットか防音マットは、自宅で行うなら必ずどちらかはあったほうがいいです。

特にアパートの2階などに住んでいるのであれば、防音マットは必須です。

筋トレを普通の床でや硬くて痛いということがありますが、ヨガマットを敷くことにより軽減されます。

なにかクッション性になっているものだったら、ヨガマットじゃなくてもいいので、なにか床に敷くものは購入してください。

筋トレ器具を揃えるのが難しい人は?

部屋が狭い。

そもそも部屋がない。

小遣いが少なくてお金がない。

嫁さんに怒られる。

子供も小さい。

いろいろな理由で、揃えたいけど揃えられない人もいますよね。

そんな人は自重でもいいんですけど・・・・。

ただ、自重ができない人は、効率が悪くなりますよね。

そもそも自重トレができないんですもん。

どうやって筋トレします?

ってことになりますよね?

それに絶対自重トレだけでは飽きるし。

絶対に。

だから、できれば筋トレ器具があったほうが、いいんですけどね。

部屋や家族が理由なら、これはどうしようもないです。

潔くジムに通うか、それか頑張って引っ越してください。笑

筋トレ器具を揃える金額は?

もし、お金が理由なのであれば、ぶっちゃけそこまでの金額ではないので、頑張ってください。

確かにパワーラックとか、本格的に揃えるなら、10万円以上はします。

それでも、ジムに1年間通うよりは、安いですけど。

今回紹介した筋トレ器具を全部で、3万くらいです。(ダンベルが20kgの場合)

サラリーマンの平均のお小遣いが約3万7千円くらい。(2015年度)

僕は2万ですけど。笑

4万弱あればそこから、自分のために飲み代とか、タバコ代とか、もろもろ使っても、1万くらは余るでしょう。

3ヶ月我慢すれば、いける計算。

でも、3ヶ月って長いですよね。

急な出費もあるかもしれないし。

それに、その3ヶ月でやる気が無くなっても意味無いですからね。

また、計画的に始めるならいいですけど、ほとんどの人は、始めるのが遅いですからね。

薄着になってきてから、気づくみたいな。

それに、目標としている時期までに結果をだしたいなら、お金を貯める時間と、筋トレをする期間をいれても、半年以上は必要。

ちょっと長いですよね。

僕だったら、すぐに買いますけどね。

今は、30日無利息のカードローンや低金利のカードローンかありますし。

カードローンとかって、100万円とか借りるイメージがありますけど、実は2万~5万円とか、少ない金額で借りる人が多いんですよ。

カードローンの審査も昔よりは、ハードルも下がってきてるし。

100万とか、借りるのは僕も無理ですけど。

少額なら利息もかからないので、おすすめです。

でも返金できない人は辞めてくださいね。

人気の無利息のカードローンをみてみる

やる気があるときに購入する

今回は、自宅トレを行うときに、揃えておきたい筋トレ器具を紹介しました。

少し初期費用で、お金はかかるかもしれませんが、筋トレ器具は長い期間使うことができます。

特にダンベルとかは基本的に壊れるということがないので、一度買えばほぼ一生使えます。

腹筋ローラーや、プッシュアップバーも1つ1000円程度の筋トレ器具なので、そこまで値段が高いわけではありません。

バーベルなどはいらないの?

と思う人もいると思いますが、バーベルも本来ならあったほうが本格的に鍛えることができます。

絶対にムキムキになるという人は最初から購入してもいいでしょう。

それに筋トレ器具を購入することで、強制的に筋トレを始めるということにもなります。

購入したからには筋トレをするしかないですよね?

いつも筋トレをやるかどうか悩んでいて、中々始められない人は購入すればやるしかないので、そういう意味でもオススメです。

ダンベルを使った筋トレのやり方や、自宅トレでオススメの筋トレメニューはこちらを参考にしてください。

参考記事⇨自宅で筋トレ!ダンベルを使ったオススメのメニュー決定版

参考記事⇨ダイエットする女性にオススメの自宅でできる筋トレメニュー12選

筋トレと併用してサプリメントを摂取

また、筋トレをこれから始めるのであれば、しっかりと食事管理をして筋肉に良い食品を摂取するのも大事です。

プロテインなどのサプリメントなど摂取するとより筋トレの効果がでるでしょう。

肉体改造のプロである、ボディビルダーの方々も様々なサプリメントを摂取していますし。

サプリメントというと、プロテインは有名ですが、HMBという成分を含んだサプリメントも、筋肉をより増量してくれる効果があることで有名です。

そのHMBを多く含んでいるサプリメントが「ビルドマッスルHMB」になります。

ビルドマッスルHMBは副作用ヤバイ!?効果なしの評判をぶった斬り

プロテインは飲み過ぎると、おならが臭くなることもあるので、ちょっと嫌だって人もいると思いますが、ビルドマッスルHMBならその心配もありません。

今らな3ヶ月の継続することが限定ですけど、初月は500円で試すことができるので、5,425円分は安く試すことができます

サプリメントは必須ではないですが、有効活用すれば筋トレの効果を最大限に活かすこともできます。

他の人よりも初速を付けて差を付けたい人は、試してみてもいいでしょう。

ただし、しっかりと筋トレをすることが大事ですからね。

では、筋トレをしっかりとやりつつ、上手にサプリメントなどを活用して、自分の体を変えていきましょう。

ビルドマッスルHMBの詳細を確認してみる