スポサードリンク

初めまして

 

どうも初めまして。管理人のなべ光です。

 

このブログに来てくれたってことは何かしら筋トレやダイエットに興味があり

 

訪れてくれたのだと思います。

 

僕なべ光は筋トレ歴自体は高校のときからやっているので

 

長いですが途中にやめていた時期もあり

 

ここ二年前くらいにようやく復帰しました。

 

経歴

 

もう幼稚園にはいるころから体は大きく簡単にいえば

 

 

 

 

SCN_0024

 

(当時の僕の写真)

 

 

「デブ」

 

 

そのものでした。

 

そのまますくすく体重とともに成長して

 

小学6年時にはもうすでに80㌔をオーバーしている巨漢でした。

 

小学の時は水泳にソフトボールにといろいろな習い事はしていたのですが

 

それ以上に食べていたので太っていったのでしょう。

 

中学

 

中学に入りそのままデブの道をまっしぐらと思いきや

 

なんと身長がのび中学だけで約20センチ伸び

 

180センチまで伸びました。

 

そのおかげもあり小学の時よりは幾分デブには見えなくなりましたが

 

特に筋トレなどを行なっていたわけではないので張りのある肉体には

 

ほど遠いものでした。

 

高校

 

高校に入ってからはずっと続けていた野球をやっていたので

 

ある程度落ち着いた肉体になりました。

 

ここで初めてウェイトトレーニングに出会いました。

 

主に冬しか行いませんでしたが、それでも成長期も重なり

 

どんどん筋肉はついていきました。

 

しかし高校野球を引退してからなんとなく筋トレへの情熱も冷めてしまい

 

普段のなにもしない生活に戻りました。

 

そして高校を卒業して社会人へ

 

社会人

 

社会人にはいってからはめっきり体を動かすことはなくなり

 

元々太りやすい体質だったので、どんどん体重が増えて二重あごがでるように

 

なりました。

 

たぶん食事もあったと思いますが、成人を迎えてからお酒を覚えるようなって

 

毎晩の飲み会のせいもあったとおもいます。

 

そして体重が95㌔を超えたとき

 

「なんだこのみっともない体型は」

 

と気づきました。

 

 

そこから自分なりにダイエットの本などを読んで食事制限などで

 

頑張り、一年間で20㌔のダイエットに成功しました。

 

ただこのダイエットは食事制限と有酸素だけだったので

 

かっこいい肉体の痩せ方ではありませんでした。

 

これではまたすぐにリバウンドしてしまうと思い

 

ここから筋トレ生活が始まりました。

 

 

スポサードリンク

筋トレ生活の始まり

 

最初のころは自宅で自重トレや片方30㌔のダンベルで一年間やっていました。

 

まずはお金をあまりかけたくなくて、ネットで自重トレの方法や

 

ダンベルの使い方について勉強して一年くらいは続けました。

 

確かに前よりはいくらか、筋肉がついたような気がしたのですが

 

なんせあの20㌔のダイエットをした時にほぼ筋肉も一緒に失ってしまったので

 

また一からつけるには大変でした。

 

そこで二年目以降はジムに通って

 

とりあえず筋力をつけること重点において筋トレを始めました。

 

そして今に至るわけです。

 

今は徐々に筋力もついてきていい感じに体重も増えています。

 

今年いっぱいは主に筋力アップに努めていこうとおもうので増量中です

 

このブログでは僕の観点から見た筋トレやダイエットを主に書いているので

 

他のブログとはすこし違うかもしれません。

 

なので反対意見も多くあると思いますが、それはそれでいいと思います。

 

筋トレにせよダイエットにしろやり方なんてたくさんあるし

 

人によって考えかたも違います。

 

僕の経験したことを今取り組んでる筋トレやダイエットに役に立つ情報を

 

提供できたらなと思います。

 

人と違うことが悪いことだとは全然思いません。

 

筋トレのフォームなどはある程度の基礎がありますが

 

そのとおりに行なって効く人もいれば効かない人もいます。

 

これと同じで僕の意見に合わない人もいれば

 

なんとく共感できる人もいると思います。

 

どんどん意見が違うなって思う人は連絡フォームに書いてくれていいし

 

もし良かったなとおもってもらえたなら感想などをいってもらえると

 

すごくうれしいです。

 

最後にここまで読んでくれてありがとうございます。

 

これからまだまだ、自分なりに情報を発信していくので

 

是非よろしくおねがいします。