体の柔軟性を保つためとか、健康のために 朝と夜にストレッチを行なっている人も多いと思います。    

また朝は、忙しいから夜だけとか夜はクタクタだから、朝だけとかそんな人もいるでしょう。

ストレッチは別に筋トレやダイエットをしていなくても、非常に重要な運動です。    

特に大人になるにつれて徐々に体も固くなってくるので、 怪我とかの原因にもつながります。

そこで今回は朝のストレッチと夜のストレッチの違いについて書いていきます。  

スポサードリンク

朝のストレッチ

yoga-389699_640朝というはまだ身体は起きてないので、ストレッチをするといっても、徐々に行なっていったほうがいいです。

特に今の冬の時期は寒いので体も冷えているので、高齢者などは徐々に行わないと心臓などに負担がかかり危ないです。      

そこで朝のストレッチにオススメなのが、まずは布団の中で軽く行こなってください。

そして、少し目が覚めて来たら座りながらストレッチを行なって、そのあと徐々に立ち上がってストレッチをするといった流れがオススメです。    

あくまで朝にストレッチをするということは、身体を目覚めさせるということなので、立って行うストレッチは、少し体が温まるくらいまで行なったほうがいいです。      

改めて順番を書くと

「寝てストレッチ→座ってストレッチ→立ってストレッチ」

とこのようになります。 

夜のストレッチ

では逆に夜のストレッチはというと、今度は徐々に身体を 寝る体勢にもっていくことが大事です。

なので朝のストレッチのように、身体を 目覚めさせるストレッチではありません。      

順番としては先程の朝のストレッチとは逆で

立ってストレッチ→座ってストレッチ→寝てストレッチ」

といった感じで行うといい、おやすみモードに入ることができると思います。    

夜にストレッチをおこなうことの、 一番の利点は質のいい睡眠がとれることです。

確かにストレッチで柔軟性を求めている人も いるかもしれませんが、

そんな場合は ストレッチをおこなう前に入浴することをオススメします。        

ただしあまり長い時間入浴すると

目が覚めてしまう場合があるので気をつけてください。  

スポサードリンク

朝のストレッチと夜のストレッチのまとめ

基本的に朝のストレッチは、身体を起こすためのストレッチで、夜のストレッチは身体をおやすみモードに、するためのストレッチと考えるのがいいでしょう。        

また朝はストレッチと平行してラジオ体操などをやるとより効果がでます。

今の冬の時期は余計に朝起きるのも辛いし、体も中々いうことをきかないと思います。        

なのでそれを徐々に起こす為にも、ストレッチをすることはいいことです。

また夜のストレッチは、しっかり次の日に疲れを 残さないようにするために行うものなので、なるべく寝る30分くらい前から行うのがいいと思います。  

ストレッチを習慣化していくだけでも、ダイエットに効果があると言われているので 是非これを機会に取り組んでみてください。

では最後までありがとうございました^^