よく女性で筋肉がつくのがイヤだから筋トレをしたくないという人がいますが、実際は男性と女性では筋トレのメニューや筋肉の付き方がどう違うのか、そこがわからないと判断できないと思うので少し参考にしてください。

 そこで今回は女性と男性の筋トレメニューの違いについて書いて行こうと思います。

スポサードリンク

女性の筋トレメニュー

 

2096411980_6e327094fc

この男性と女性に筋トレの方法は実はまったく同じくしてもなんの問題もありません。

驚かれるかもしれませんが実際に、同じレベルのプログラムで同じ期間トレーニングをした場合でも女性も男性と同じく筋力の増加や筋肥大が起こるという結果がでています。

やはり筋肉すごくついちゃうのではないかと思ってしまうかもしれませんが、まったく同じ筋トレをしても女性は男性までの筋力と筋肥大になるには相当な時間が必要になります。

これはすでに体がそういう仕組になっているので少しの筋トレで筋肉が多くつくことはありません。

女性の体と男性の体の違い

まずお互いの体を見てもらえればその差があるのは誰にでもわかると思いますが実際に上半身に筋肉が付きやすいのが男性なのです。

女性は女性ホルモンが多く分泌されますが、これは乳房や体脂肪の分布といった女性らしい体を作ることが目的に分泌されるものです。

一方で男性ホルモンは筋肉に大きく関係していて、上半身というのはこの男性ホルモンを受け取るタンパク質の量が多くて、その影響を受けるため男性は上半身の発達が女性とは違ってくるのです。

中々鍛えていても上半身がすごい発達している女性が少ないのはそのためです。

では下半身はどうなのかというと下半身に関しては、男性にしても女性にしても筋肉の付き方についてはあまり変わらないのです。

だた上半身ほどの差がでないというだけで、まったく同じく筋トレしても差がでてくることしょうがないのです。

スポサードリンク

女性の筋トレ目安

あくまで参考ですが、アスリートを目指さなくても男性みたいにどんどん筋トレをしても問題はないと思います。

筋肉なんてそんな簡単に男性でもつくものではないしそれ以上につきにくい女性なら尚更少し多く筋トレしたところで太くなったりはしないでしょう。

筋肉が付けば基礎代謝も上がるし、そのあとのダイエットなどを行う際も普通にダイエットするよりは効率的に痩せることができるし見た目も美しくなります。

まとめ

出来る範囲でいいので是非今まで筋トレを避けていた人は取り組んでみてください。

このブログでは随時女性でも取り組める筋トレメニューなどを紹介していきます。

いきなりダンベルなどを使うことはないです。まずは自重だけでも十分です。自重ができないからダンベルを使ったりするのは全然オッケイですが。。

是非参考にしてもらってキレイなボディをてにいれていきましょう。