初心者で自重トレから筋トレを始めている人も多いと思いますが、

どのくらいから自重トレではなくフリーウェイトなどに移っていったほうがいいかを考えている人もいると思います。

といってもひとそれぞれなので一概にこの時期からという決まりはありません。

そこで今回はあくまで目安としての初心者が自重トレからの卒業について書いていきます。

スポサードリンク

自重トレとは

images (7)

自重トレは自分の体を使った筋トレ方法です。

・腕立て

・懸垂

・スクワット(バーベルなどをもたない)

などがあげられます。

あまり筋トレをやったことのない人や、初心者の人はこの自重トレでも十分です。

懸垂や腕立てなどは自重でも出来ない人が多いので、まずはここの自重トレで始めていくのが第一歩になります。

自重トレで気をつけること

dumbell-woman-e1404029853386

 

自重トレでも間違ったやり方でやっていては筋トレの効果はでません。

腕立てをやるにしても、

しっかり胸をつけるくらいまで降ろしているか? 

おしりは下っていないか? 

腕だけでやっていないか?

などしっかりしたフォームでやっていることが前提になります。

ここで独学でやっていたりする人のフォームを見る機会がありますが、まったくもって筋肉に効いてないし、ただの自己満足になってしまっている人も多いです。

自重トレだからといって手を抜かずにやることは当然大事になってきます。

スポサードリンク

自重トレから次へのステップ

ある程度の目安ですが、30回をゆっくりできるようになればもうあまり筋肉は大きくならないといってもいいでしょう。

ただし負荷をかけることによりまだ肥大することできます。

例えば背中に重りを背負って腕立てとか、懸垂などです。

それでも30回を超えればもう本当にマシンやフリーウェイトに移っていった方がいいでしょう。

そのレベルまでになるには結構な時間と根気がいると思いますが、今でも己の肉体だけで素晴らしい体を持っている人もいます。

もしこのくらいのレベルでいいと思ったらジムなどに通わなくても全然いいとおもいます。

あくまでそれ以上を目指したい人は移っていった方が効率もよくなります。

自重トレのまとめ

僕も初めはがむしゃらに自重トレで腕立てやったり、公園にいって懸垂したり坂道ダッシュしたりしていました。

それはそれで結構な筋肉がついたと思ってフリーウェイトに移っていった時には衝撃を受けました。

今までやっていた筋トレと全然違う」

少し大げさかもしれませんがその当時は本気でそう思いました。

ただこれはあくまでその先を目指しているからであり、一般の少し鍛えたいくらいでは全然自重トレを極めればいい肉体になれると思います。

絶対にジムにかよってフリーウェイトやマシンを、やらなければならないなんてことないのでそこは十分に自分の肉体と相談して決めてください^^