ライザップのようなパーソナルトレーニングの中には短期間でダイエットをするということもしばしばあります。

2〜3ヶ月くらいで約10〜15kgくらいを落とす人も中にはいます。

僕も短期間ダイエットを行なったことがあるのですが(自己流)そのあとはやはり少しリバウンドは避けることはできませんでした。

リバウンドというのはそもそも急激にダイエットや減量をすれば少なからず必ずおきます。

これはしょうがないです。ボディビルダーの人でも大会の時はバキバキの肉体に仕上げますが、それが終わりある程度普通の食事に戻せば少しは体重も増えます。

そこで今回はライザップなどの短期間でのダイエットの後のリバウンドについて書いていきます。

スポサードリンク

短期間でのダイエットや減量

Feet_on_scale

短期間ダイエットがいいの悪いのかというは人それぞれだと僕は思っています。

まず短期間じゃないと集中してダイエットや減量が出来ない人であれば短期間でのダイエットや減量の方が向いているだろうし、少しづつでも継続することができるのであれば長期間のダイエットや減量の方がいいでしょう。

ライザップをやって痩せたいという人は、どちらかというと早く結果を出したいという人たちだと思います。

しかしここで気をつけてほしいのが

短期間ダイエット=リバウンドはする

ということです。

リバウンドといっても少しづつ食事の量を戻していき、

しっかりと筋トレをしていけば急激に太ることはないですが、

これをダイエット前の食事にいきなり変えたりとか、

以前より食べるようになってしまってはリバウンドをするのも早いです。

そんな人の場合だとRIZAPなどの短期間のダイエットで痩せてもすぐに大きくリバウンドをしてしまうのです。

リバウンドをする覚悟

短期間でやると決めた以上は、最初からある程度のリバウンドをするという覚悟をもって行えばいいのです。

ずっと減量食を食べれる人ならいいですが、それは難しいです。

一度痩せたらそこからあとは自分の頑張り次第です。筋トレを続けていったり、1日の行動量を増やしたりしていけば、リバウンドを最小限に抑えることができます。

ライザップで痩せても絶対にリバウンドをするから意味がないといって文句をいっている人もいますが、それはその後の行動を考えていないからです。

一度ライザップで食事や筋トレの方法を学べばある程度は、ダイエットや減量の方法がわかると思います。

そうしたら、ダイエットや減量期間が終わったらそれを活かして、なるべくリバウンドをしないようにゆっくりと食事の量を増やしていくとか、筋トレの強度をあげていったりすればいいわけです。

あんな辛い減量やダイエットをずっとやることはないし、むしろずっとやってしまうと体がそれに慣れてしまって、本当に食べたいものを食べるとすぐに太ってしまう体質になってしまいます。

なのである程度のリバウンドは覚悟して短期間のダイエットや減量はするようにしましょう。

スポサードリンク

リバウンドを最小限におさる努力

短期間ダイエットには絶対にリバウンドはつきものです。

あのオードリーの春日さんも減量してボディビルの大会にでるときはバキバキですが、3〜6ヶ月くらいたつと徐々に肉も付いているのがわかると思います。

あれも一種のリバウンドです。(筋肉をつけるためにある程度増量しているのもある)

なので減量やダイエットを極端にすればそれだけリバウンドをしてしまう期間も早くなりますが、それはしょうがないことなので、あとはリバウンドを最小限に抑える努力していくことが大事です。

そうすることで徐々に体も慣れてくるので、ずっとリバウンドをするということはなくなってきます。

そこまで来たらあとはその体型を維持する努力していけばいいです。

ずっと減量やダイエットなんてするものではなく、あくまで維持をしていくということは目標にしていくことが大事です。

まとめ

リバウンドをしたことがある人はわかると思いますが、あれだけ減量やダイエットを苦しい思いをして行なってきたのに、リバウンドをするのは精神的にも本当にキツいです。

しかし短期間でのダイエットは必ず少しはリバウンドをします。

それをしっかりと理解した上でRIZAPなどの、短期間のパーソナルトレーニングなどを行なっていけばいいと思います。

僕はライザップ自体は全然悪くないと思います。なんか最近結構叩かれることもありますが、しっかりと結果がでてるからです。

これで全く結果が出ていなかったダメですが、そうではありません。

これからRIZAPなどの短期間のダイエットや減量をして痩せたいと思っている人は、すこしリバウンドのことも考えて挑戦してみてください。では今回はこれで^^

参考記事⇨ライザップの無料カウンセリングのレビューと口コミ【体験談】