ダイエットをしている人で「カロリーゼロ」という言葉が頻繁に耳に入ってきて思わず「カロリーゼロ」の食品ばかり食べているという人も多いのではないでしょうか?

 

ダイエット中はどうしてもなるべく摂取カロリーを減らすことを意識しているので、カロリーゼロや低カロリーの物を摂取するようになります。

 

それ自体が悪いというわけでありませんが、甘い食品なのにカロリーゼロの食品にはほとんど場合人工甘味料が使われています。

 

カロリーゼロや低カロリーなのに甘いからお世話になっているという方もいるのではないでしょうか?

 

しかし、この人工甘味料が実は体に悪影響を及ぼす可能性があります。

 

そこで今回はダイエットでよく聞く人工甘味料について書いていきます。

スポサードリンク

ダイエットでよく聞く人工甘味料とは

sugar-485045_640

人工甘味料とはダイエットコーラなどによく入っている「甘味があり、砂糖などの代わりとなる人間が合成した物」のことをいいます。

 

このカロリーが低いのに砂糖よりも100〜200倍くらい甘い人工甘味料ですが、人工甘味料といってもアスパルテーム、アセスファムK、スクラロース、サッカリン、アドヴァンテーム、ステビアなどの種類があります。

 

ちなみに人工甘味料でも天然に実際にある物質もあります。キシリトールやステビアといった物質は実際に天然にある物質です。

 

その他の人工甘味料はほぼ人工的に合成された人工甘味料になります。

 

よくダイエットコーラなどのいわゆるダイエット飲料に多く含まれているのが、アスパルテームとアセスファムKなどの人工甘味料ですが、これは人工的に合成されたものです。

 

その他の人工甘味料もいろいろなダイエット食品などに使われています。

 

ダイエットしているのにカロリーがゼロで甘い物を摂取できるとあって、ここ近年は人工甘味料に凄く人気が集まっていました。

 

また糖尿病患者なども砂糖が摂取できないので代用として摂取していることもあり、この人工甘味料にお世話になっているという人が多いのです。

人工甘味料と健康問題

しかし昨年の2014年辺りから徐々に、過剰の人工甘味料は逆にダイエットの妨げになったり、太る健康によくないという意見が多く出回るようになりました。

 

人工甘味料の摂取によって血糖値が下がりにくくなり、糖代謝に異常を引き起こす

 

というNature論文が出たのが影響しています。

 

しかしこれに関しては、人間の研究というよりはほぼマウスでの研究だったので、そこまで信用性がないということで、一部の専門家などからは結構批判の声が上がっていました。

 

しかも2015年の4月には

 

甘味料のサッカリンは発がん性があるという見方がされたことがあったが、がん細胞に加えると 成長が遅くなると発見され、抗がん剤を強化する薬につながる可能性が浮上している。http://www.mededge.jp/b/tech/11227

 

という新しい研究結果などもでています。なので一概に人工甘味料が悪いと決めつけるにはまだまだ研究が必要ということです。

スポサードリンク

どれくらい摂取すればいいのか

ではどれくらいなら人工甘味料を摂取してもいいのかというと、僕ならあまり摂取しません。

 

まだそこまでの研究結果がでていないのとはいえ、甘くないにカロリーが低いとかカロリーがゼロとかなんか凄く体に悪そうです。

 

しかもこの人工甘味料を多く摂取すると満腹ホルモンである「レプチン」という物質が多く分泌します。

 

満腹ホルモンなら逆にいいじゃんと思うかもしれませんが、適度な分泌なら問題がないのですが、これが分泌しすぎると脳がどんどん麻痺してきてしまい、逆に空腹になっているという信号をだします。

 

そうすると食べても食べてもお腹が減ってしまう最悪な状態になる可能性があります。

 

実際にこれくらいになるには相当な人工甘味料を摂取しないとならないと思いますが、それでなくてもダイエット中というのは食欲を抑えるのに必死だと思います。

 

しかし、人工甘味料だから大丈夫だという安心で一度食べてしまうと、それ以降は今までの欲求がすべてでてしまって、結局食べ過ぎてしまったなんてことにもなりかねません。

 

なのでどれくらい摂取すればいいのかは、ダイエットをしてるならあえて摂取しないというのが一番なのではないと思います。

 

まとめ

それでもダイエット中に甘い物が我慢できないという人は、人工甘味料に頼るのではなく甘い物を摂取したらその分動いて摂取カロリーを消費してください。

 

そうすれば問題はありません。中々難しいとは思いませんが。もしかしたらこれからの研究で人工甘味料に関する結果が変わってくるかもしれません。

 

なので一概にはどうなるというのは今の段階ではわかりません。

 

しかしそれまでできるだけリスクを摂らないために、全く摂取するなとはいいませんが人工甘味料に頼っていたという人は、摂取する頻度を下げてなるべく人工甘味料に頼らないでダイエットを成功させるようにしましょう。

 

では今回はこれで^^