縄跳びって誰しも小さい頃は一度は行なったことがあるのではないでしょうか??

僕は小さい頃はデブだったので、二重跳びをやることがもうイヤでイヤで、体育の授業で縄跳びを行う日はマジで登校拒否したいくらいでした(笑)

そんな縄跳びですが、筋トレと組み合わせることで効果的に脂肪燃焼が期待できる運動なのです。

スポサードリンク

縄跳びの効果

images (30)

縄跳びはウォーキングやジョギングなどと同じ有酸素運動の1つになります。

ただ3重飛びなどを連続で行ったりする場合は、有酸素運動ではなく無酸素運動になりますが、普通の人で三重跳びが出来る人のほうがすくないと思います(笑)

縄跳びは足の運動だと勘違いしがちですが、実は体全体で飛んでいるので全身運動になります。

最初の頃はあまり回数もできないし、すぐにふくらはぎが痛くなると思いますが

徐々に慣れてくるのでそこでやめないようにしましょう。

また徐々に慣れてきて回数も増えてくると心肺機能の向上するのでオススメです。

縄跳びと筋トレを組み合わせる

roger-federer-jump-rope

有酸素運動と筋トレを組み合わせることで、脂肪燃焼に効果があるということで、よく言われていることで実際に効果があります。

なのでもし脂肪燃焼を狙って縄跳びを行なっているのなら、筋トレ後かもしくは筋トレのインターバルの休憩中に行うことで、脂肪燃焼が期待できます。

また20分以上やらないと効果がないと書いていることもありますが、筋トレ後の場合はそんなことはなく、20分以内でも脂肪燃焼の効果あるので、20分の時間がないからやらないのではなく少しの時間でも縄跳びを行うことをオススメします。

ただしどちらかというと縄跳びは筋肉が増えるというよりは、今までより下半身が引きしまる感じなので、縄跳びだけで筋肉がすごくつくということはないので、あくまで補助として考えたほうがいいでしょう。

スポサードリンク

縄跳びで気をつけること

images (29)

縄跳びを行う際に気をつけてほしいことはまず

・コンクリートの上でやり過ぎない

・妊婦さんは行わない

・徐々に回数を増やす

コンクリートの上でやり過ぎるとコンクリート自体が固いので膝や関節を痛めてしまうことがあります。

また妊婦さんは絶対に行わないでください(笑)理由は言わなくてもわかると思いますが。。。

あとはなんでもそうですが、徐々に回数や時間を増やしていってください。

いきなり増やしても怪我につながることもあるので。

まとめ

縄跳びはその辺にいくらでも売っているので、是非家にない人は買ってきてはじめてみてください。

そんなに場所も取らないし、案外子供と一緒にやったりしたら楽しいかもしれません。

縄跳びなんて小学校以来行なっていないという人もいるかもしれませんが、これを機にはじめてみてはいかがでしょうか??

では最後までありがとうございました^^