サルコペニア肥満という言葉を聞いたことはありますか??

僕もつい最近しった言葉なんですが、高齢の人たちの中では結構有名な言葉みたいで、そのサルコペニアにはサルコペニア肥満というものがありこのサルコペニアには筋トレをすることで進行を抑えられると言われいます。

今回はサルコペニア肥満と筋トレについて書いて行きます。

スポサードリンク

サルコペニア肥満とは 

20130130145750

サルコペニアとは

「年齢が上がるにつれて、筋肉の量が減少していく」

現象です。

そしてサルコペニア肥満はその筋肉が減った状態で肥満になってしまうことです。

 

筋肉の量は20代後半から年々減少していきます。

そして50代あたりからはその減少が早くなっていくと言われいます。

筋肉の量が減る→代謝が落ちる→脂肪がつきやすくなる→サルコペニア肥満

このような悪循環になってしまうので注意が必要です。

 

筋肉が減った上に肥満になってしまうので、メタボリックシンドロームより怖いと言われています

 

サルコペニア肥満で気をつけること

サルコペニア肥満の人はそうでない人より病気にかかるリスクが高まってしまいます。

その中でも高血圧になる確率は、女性で1.7倍、男性で2.3倍にもなることが判明しています。

 

その他にも糖尿病心筋梗塞脳卒中動脈硬化などあらゆる症状が発症しやすい状態になってしまいます。

サルコペニア肥満は高齢者にでやすい症状ですが、実は誰にでも起こる症状です。

 

特に無理な筋トレなしのダイエットを行なっている女性や、普段運動頻度が少ない人などはサルコペニア肥満になりやすいです。

 

ダイエットって基本的に体重を落とすこと目的に行なっている人が多いと思いますが、

食事だけのダイエットなどでが脂肪と一緒に筋肉も減ってしまうので

ある程度筋トレも平行してダイエットするのがサルコペニア肥満には効果的です。

 

またサルコペニア肥満はメタボリックシンドロームにみたいに見た目で判断することは難しいと言われています。

スポサードリンク

サルコペニア肥満の対策

サルコペニア肥満の主な原因はですがやはり運動不足と食べ過ぎが一番の原因です。

なので運動をすることは基本ですが、運動といってもウォーキングなどの

低負荷の運動ではあまりサルコペニア肥満には効果がないといわれています。

あくまで筋トレと有酸素運動を組み合わせた運動がサルコペニア肥満には効果的だと言われています。

またもし筋トレをすることが困難な場合は常にごろから何をするにも

筋肉を使うことを意識して生活することで筋肉に減少を抑えることができます。

 

例えば、エスカレーターやエレベーターを使わずに

階段を使うとか掃除するときも足の筋肉を意識して

本気で体を使って行うなど普段の生活の中でも筋肉を使える場面はたくさんあります。

 

サルコペニア肥満のまとめ

メタボだのサルコペニアだの年々肥満の人に対して注目されています。

それだけ昔に比べると肥満の人が多くなったということです。

 

日本人は確かに他の国に比べると少ないほうかもしれませんがこの先はどうなるかわかりません。

ましてや今は飽食の時代なのでなんでもある程度食べたいものはなんでも食べれます。

 

それはそれでいいことなんですが、健康のことも考えるとどっかで人間は体のために努力しないといけないと思います。

 

サルコペニア肥満に限らずなってから気づくのではなくなる前の予防が大事だと思います。

ダイエットだって太っていなければやる必要はないですよね??

 

なってしまってからだとその分やることも大変になってきて

挫折してしまうことも多くなってしまうのでなるべくならないように常日頃から意識して生活していきましょう。

 

では最後までありがとございました^^