低炭水化物ダイエットは効率的に行えば、筋トレをしていて減量をするときにも効果あるダイエットの一つです。

ただし最初から低炭水化物ダイエットをなにもしらないまま行なってしまうと、あとでリバウンドをしていまい、結局前の体より張りがない体になってしまう可能性があります。

では今回はそんなてしまう低炭水化物ダイエットのやりかたと注意点について書いていきます。

スポサードリンク

低炭水化物ダイエットとは

低炭水化物ダイエットとはいつも食べている炭水化物の量をいつもより減らしていくダイエットです。

一時期ものすごく話題になり、

今でもダイエットの一貫といてとりいれている人も多いのではないのでしょう?

あくまでこの低炭水化物ダイエットとは

「炭水化物の量を減らすのであって全く炭水化物を取らない」

ということではありません。

そこを勘違いしてしまうと失敗してしまうので気をつけてください。

あくまで今まで食べてきた量を徐々にすくなくしていくことが大事です。

低炭水化物ダイエットのやり方と注意点

 

woman-holding-salad

 低炭水化物ダイエットで言われているのは、

大体炭水化物を20〜40g程度に抑えて、

最初の2週間は20g以上は摂取してはいけないというのが

低炭水化物ダイエットのやり方です。

しかしこれは全員に当てはまることではありません。

まず人によって体型も1日の行動力や運動強度も違います。

なのでこの摂取量を完璧に守って行なっても効果が出る人とでない人がいます。

ここも低炭水化物ダイエットで気をつけなければいけません。

また低炭水化物ダイエットを行なっていくと、体の中にケトンというものが多く生成されてしまいます。

このケトンというものは不整脈やイライラなどの原因になったり口臭の原因になります。

なのでなるべくこのケトンが増えないように、

水分はしっかり摂取することが大事になってきます。

あと筋トレを行う時は必ず集中して行わなければなりません。

しかし炭水化物をあまり摂取しないということは脳が働きません。

脳が働かないということは集中力がかけてしまいます。

なので筋トレを行う時は多少の炭水化物は摂取しないといけません。

スポサードリンク

まとめ

低炭水化物ダイエットはずっと行うことはオススメしません。

ずっと行うともし低炭水化物ダイエットをやめて、また炭水化物を摂取していくと必ずリバウンドするようになります。

なのである程度の期間を決めてから徐々に戻していくことが大事です。

これは僕も経験したことなので言えますが、体というのは本当に長いことダイエットなどをしているとそういう体質になってしまいます

そんなに食べてないのに太ってしまう体質になっている。

こうならないためにも筋トレなどと、並行して行なっていくとそこまでリバウンドしないで済むとおもいます。

では最後までありがとうございました^^