今年も残すところあと少しになってきまいした。

この時期になるとクリスマスや忘年会に、新年会など飲み会の場も増える人も多くいると思います。

ダイエットしている人にとっては嫌なシーズンなのですが、1回や2回程度ならそこまで気にする必要はありません。

しかし多い人だと連日予定が入っていて、1回や2回どころではない人も多くいるのではないでしょうか??

そうなってくるとせっかくのダイエットが台無しになってしまいます。

そうならないためにも、飲み会をしたら筋トレをすることで少しでもカロリーを燃焼させていくことが大事になってきます。

今回はせっかくのダイエットが台無しにならないようするためにはどうしたらいいか書いていこうと思います。

スポサードリンク

飲み会をした翌日には筋トレをする

 

14964_生ビール乾杯

まず飲み会をしてたら、少しでもいいのでできるだけ早く筋トレしたほうがいいです。

基本的には脂肪に変わるまでは

「2週間はかかる」

と言われていますが、連日飲み会が続くようならそんなことはいってられません。

なので基本的には遅くても、

「飲み会から2日以内には筋トレをする」

ようにしましょう。

二日酔いでどうしてもできないという場合は諦めるしかありませんが、できることならその翌日が一番ベストなので、なるべくは翌日に行うように頑張りましょう。

そうはいっても楽しい飲み会だと飲み過ぎしまうこともありますけどね。

飲み会後筋トレは低重量で行う

飲み会の翌日に筋トレをするといっても、

普段通りにガッツリ筋トレを行うのではなく、

いつもより軽い重量で行なったほうがいいです。

まず飲み会の翌日に普段通りに筋トレをできたらそれはそれで凄いのですが、

普通の人はむりだと思うので、あえて無理をしないでいつもの半分くらいの重量で行なったほうがいいでしょう。

そのほうが脂肪燃焼にも効果があるし、

そこまで体に負担もありません。

あまりガッツリ筋トレしてしまうと、

元々飲み会でアルコール分解の為に肝臓を使っているので、

肝臓へのダメージが大きくなってしまいます。

そうなると逆に疲れやすくなったり

「逆効果になってしまう」

ので自分の体と相談して行うようにしましょう。

スポサードリンク

まとめ

飲み会の後の筋トレでオススメなのがスクワットです。

スクワットは下半身の種目中でもピカ一に効果がある筋トレです。

 

人間の筋肉の7割は下半身にあつまっているので、

スクワットを行うことで脂肪燃焼も促進されやすくなります。

もし時間がなくてあまり筋トレができない場合はスクワットだけでもやるといいでしょう。

 

せっかくのダイエットを台無しにしたくはないのは誰でも一緒です。

しかし飲み会があるからとあきらめないで

飲み会をしたときは筋トレすると、

自分に言い聞かせて行なっていくとダイエットも台無しにならずに済むと思います。

 

せっかくの楽しい飲み会を筋トレで上手に乗り切っていきましょう。

では最後までありがとうございました^^