普段から休憩中や気分転換にコーヒーを飲むひとは多いと思います。

僕も仕事の合間などに一年通じてコーヒーを摂取していますが、

このコーヒーには脂肪燃焼に効果があると言われています。

一日に5杯も6杯も飲むことは逆に身体に悪いことかもしれませんが、適度な量はかえって健康にいいという結果もでています。

今回はそんなコーヒーの効果について書いていきます。

スポサードリンク

コーヒーの健康効果

 

feature_pic01

まず体脂肪を落とすになぜコーヒーがいいのかというと、

コーヒーに含まれているカフェインが脂肪燃焼に役にたつと言われています。

 

なので有酸素運動や運動をする15〜30分前くらいに、

コーヒーを摂取することで効率的に体脂肪が燃焼されます。

また他にもコーヒーには血圧を下げる効果や老化防止などにも効果があり、

上手に摂取していけば健康にいい飲み物なのです。

 

コーヒーを飲んでいる時ってなんだか気持ちもリラックスできますよね。

では次にコーヒーを飲む際に気をつけることです。

 

コーヒーを飲む際の注意点

コーヒーをのむと言っても砂糖やミルクを入れてしまうと、カフェインの働きがなくなってしまうので必ず飲む時はブラックで飲むようにしましょう。

 

砂糖を取るということは減量の大敵である、インスリンを分泌させてしまう原因になってしまうので、カフェインの効果が薄くなってしまいます。

 

また1日に5杯以上コーヒーを飲むと、逆に脂肪を蓄積させてしまうという研究結果がでているので、飲んでも4杯くらいまでにとどめておきましょう。

一度にたくさんコーヒーを摂取しても、体脂肪の燃焼にも効果ができくいと言われているので、一度に飲む量は約コーヒーで2杯までの量にしておきましょう。

 

何故なら大体150mlのコーヒーに対して100mgのカフェインが含まれています。

カフェインは一度に200mg以上とっても効果が薄いので、

もしカフェインを目的でコーヒーを飲む場合は200mg取れる2杯くらいに抑えておくことがいいでしょう。

スポサードリンク

コーヒーのまとめ

今回はコーヒーの効果について書いてきましたが、

僕も筋トレをする前などにはコーヒーを飲んでから行うこともあります。

 

特に有酸素運動をすると決めている日などは積極的に摂取しています。

もし体脂肪の燃焼が目的でコーヒーが飲めない人は、ただのカフェインだけでも効果は一緒なのでカフェインだけでもオッケイです。

 

ただし何度もいいますがカフェインの摂り過ぎは、心身にマイナスな効果が起こることがあるので、しっかり一回の摂取量を決めて摂取するようにしましょう。

 

では最後までありがとうございました^^